自然素材を利用した新築注文住宅 リフォーム リノベーションを提案する神奈川 横浜の建築士事務所

home

お問い合せ

Facebook

神奈川・横浜を中心に自然素材での注文住宅
リノベーションの設計・施工会社

新しいのに、懐かしい。

古今について

住人問色の住まい私たちは目指していきます。

HOME > お知らせ・イベント情報 > 『い』の『一番』

『い』の『一番』

2017.11.11

 

近頃は朝方気温がクッと下がる日もあり、毎朝リビングの室温計で気温を確認するのですが、

20℃を下回るとなんだか急に肌寒く感じます。

 

今シーズンはまだ暖房器具を使っていないのですが、もうすぐ薪ストーブの準備をしなければならない季節ですね。

 

 

 

11月吉日の上棟に向けて、先月から長雨の中なんとか基礎工事を完了させた、横浜のK様邸。

上棟に前もって土台敷きという、基礎の上に土台と言われる構造材を並べる工事を行いました。

 

本当は本日予定していたのですが、天気が崩れる可能性があったので、

(結果横浜は降らなかったですが・・・)

急遽前倒しして行う事に。

 

 

 

余りにも急だったので、大工さんもお手伝いを呼べず、手元として私がお手伝いする事に。

 

4寸角の無垢の桧をえっちらおっちら基礎の上に並べていきます。

 

土台には番付と言われる

 

 

い・ろ・は・に・ほ・へ・と・ち・り・ぬ・る・・・・・通り

 

1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・・・・・通り

 

 

 

という暗号が書いてあり、縦横の交わるところに柱が乗ります。

 

 

 

『い』  の  『一番』  ・・・ 最初に行う事

 

の語源はまさにここからきています。

 

 

K様邸は前回のブログでも紹介させいただいた様に、『びおソーラー』という工法を用いる為、

基礎下の高断熱性・高気密性が不可欠となるので、

気密パッキンというゴム状のマットを基礎との間に敷いて、土台を締め付けます。

 

 

 

 

基礎の内側にも断熱材を敷いて、断熱性能もバッチリ!!

 

 

 

 

大工さんが空けた土台の木くずからは、これでもかというほどのヒノキチオールの香りがプンプンと。

 

 

微力ながら大工さんのお手伝いをして、なんとかかんとか終える事が出来ました。

おかげで体がバッキバキです・・・運動不足を痛感した一日でした。

 

 

 

 

基本的には作業やDIYが大好きなので、ついつい職人さんのまね事をしたくなる鈴木なのですが、

 

先日事務所に突然届いた電動工具。

 

 

 

こちらもDIY大好きな代表元井。

 

 

このドヤ顔 (笑)

 

もう、『もの造り』 が大好き過ぎて一線を越えてしまっています・・・

 

 

かないません。

 

 

そんなもの造り集団 -古今- と一緒に楽しく造りあげていく、住まい手さん絶賛募集中です!!

 

 

鈴木

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop

古今

Facebook

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-32-5

Copyright c 2015 KOKON CO., LTD.