自然素材を利用した新築注文住宅 リフォーム リノベーションを提案する神奈川 横浜の建築士事務所

home

お問い合せ

Facebook

神奈川・横浜を中心に自然素材での注文住宅
リノベーションの設計・施工会社

新しいのに、懐かしい。

古今について

住人問色の住まい私たちは目指していきます。

HOME > お知らせ・イベント情報 > 空間の彩

空間の彩

2018.03.16

 

 

 

 

今週はありがたい陽気が続きましたね!

 

 

 

目に映る風景が色濃くなってくると

身も心も、自然と緩んできます。

 

 

 

 

 

菜の花も見事に満開!

 

 

 

 

 

 

 

フルーツ好きの息子にはタマラナイ!!

真っ赤な苺も少しずつ手が出し易い値になってきました。笑

 

 

 

 

 

家の中でも、自然と旬を感じられてきましたね!

 

 

 

 

 

 

毎年、この時期になると我が家にやってくる

土筆たち!

今年は多いな~~~。苦笑

はかまを取る作業は、男性陣にお任せして。笑

 

 

 

 

しかし、土筆はスギナの子?!などとも

よく言われるそうですが、

実際にはスギナは花が咲かないので、

土筆がその花の代わりなのだとか。

実際には地下茎で繋がっているらしいです。

 

ってことは、スギナはどうやら花粉症に効果があるらしいので、

土筆も似た効能があるのかも?!

 

花粉症の症状はさほどでは無いけれど、

日によって少し疑わしい身としては、

ちょっと気になる。

 

 

あの細身の姿からは想像が出来ない程の

アクをガッチリを放出してきますからね。。。

茹でた後も水に浸してアクを出さないと

苦味が気になります。

 

 

やはり、春という季節は、苦味あるものを食して、

逆に要らぬモノを出して、

元気を頂くの良いですからね!

 

 

 

 

 

 

 

フキノトウも一緒に摘んできたので、天ぷらにしたら

土筆よりフキノトウを口にしてましたが。。。

5歳児には、土筆の方が苦く感じたようです。笑

 

 

 

 

 

・・・っと、こんな風に日常の中で

住まいという空間は、意外と自然に色取り取りなモノ達で溢れ、

表情が出てくるものです。

 

 

 

 

なので、やはり個人的には、シンプルな

他にジャマしない程度の空間が好みではあります。

 

 

 

 

 

そろそろ引き渡しが近づいてきた町田市のリノベ現場も

そんな空間に仕上がってきました。

 

 

<LDからキッチンを臨む>

 

 

まだ養生が敷いてあるので、床材は見えませんが、

杉の無垢材を採用したので、

柔らかな素材感が上手に空間の表情に貢献してくれそうです。

 

ほんのりグレーの入った白い自然素材壁紙に

ワランベニヤの天井。

余り見えませんが、かなり可愛らしいサイズの廻縁に

H25mm程の巾木。

奥のキッチンの壁面はモルタルで

ムラも余り出ずにスッキリとした印象に仕上がっています。

 

 

 

<LDからFREE SPACEを臨む>

 

 

元和室だった空間も、同じ床材で連続性を持たせて、

フレキシブルに使える空間にしています。

 

構造的に必要な梁を敢えて活かしたデザインで

緩やかな境を存在させて、そこにも色味を乗せています。

 

 

 

 

そのFREE SPACEの天井には

ちょっとしたコトなんですが、

少しでもこのレールの存在感をなくす為のひと手間を。

敢えて、1.5cm程の厚み分を埋め込んでももらっています。

手掛けてくださった大工さんも「こういうのが楽しい!」

っと、笑顔を対応して下さいました!

こういった職人さんの心意気があってこそ、

良いモノができているのは、本当に有難いです。

 

本当にありがとうございます!!

 

 

 

 

 

 

そして、続いて古今社屋に程近い、新築の現場。

 

 

 

 

 

建具の取っ手も存在感を最小限に。

天井の梁も実際の高さの一部だけを見せて、

重くなり過ぎず、程良い品が漂います。

 

ここは、何度かお話している

NL&DESIGNの丹羽先生の設計ですが、

このシンプルさはとても共感できます。

 

 

階段を上がってのゆとりある空間に設けられた

造り付けの収納には、お施主さんのお人柄が

反映したモノで満たされ、様々な使い方が成されていくのでしょう。

 

直に床に座って、本を手にしてゆったりと。

吹抜で下と繋がった、こどもの楽しくて仕方のない遊び場に。

大きなサッシから差し込む光りが、

その時の天候や時間を、季節感を

自然に、無意識に感じさせてくれる空間なのだと思います。

 

そういう、外の自然の流れを上手く取り込んで、

五感で感じられる住まいは

住まい手さん達で、そのご家族のオリジナルの色に彩られていく。

 

そんな空間がやっぱり理想だと思っています。

 

 

だから、やっぱりシンプルで良いかな。。。

 

 

 

 

 

 

そういった空間にこそ、

こういった息づいたモノ達が

気持ちよさそうに居るのは、自然と安らぎを頂きます。

 

 

 

 

 

Konitaさんのミモザのリース。

春満開です!!

 

 

どうぞ、下記日程に古今ショールームにて

春を満喫しにいらして下さい!

 

 

 

<Konitaさんの今後の日程>

 

●3/28(水)~30(金)

●4/9(月)~11(水)

●4/25(水)~27(金)

 

 

 

 

 

 

山森

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop

古今

Facebook

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-32-5

Copyright c 2015 KOKON CO., LTD.