自然素材を利用した新築注文住宅 リフォーム リノベーションを提案する神奈川 横浜の建築士事務所

home

お問い合せ

Facebook

神奈川・横浜を中心に自然素材での注文住宅
リノベーションの設計・施工会社

新しいのに、懐かしい。

木々の日々

家づくりについて古今の想いを日々綴っております。

HOME > 木々の日々 > OPEN HOUSE、無事に終了しました。

OPEN HOUSE、無事に終了しました。

2018.09.28

 

 

今日は久々に晴れましたね!

昨日は本当に寒いくらいの気候で、

本当に季節感が分からなくなってしまいますね。

保育園などでも体調を崩す子が増えているようです。

大人も寒暖差についていくのが大変ですね。笑

 

 

そして、季節はすでにすっかりと秋になってきていて、

気付けば、食卓にも秋の食材が並んでいました!

 

 

なんとなんと、先日訪れた群馬県のキャンプ場の帰りのJAで、

小さ目ではありますが、一袋180円という値段の栗!!

 

 

 

でも、栗の味はしっかりとした程良い甘さで、

今年も栗ごはん!!

あとは、栗とさつまいものスープを作ってほっこりしました。

ついでに、寒くなると豚汁は必須なので、一緒に!

 

久々にゆっくりと食材と向き合ってご飯を作る行為は

なんと贅沢なんだろうな~っと、しみじみ感じる時間でした。

 

 

 

 

さてさて、前回のブログに引き続き。

舞岡の家のOPEN HOUSEが無事に終了しました!

お天気にも恵まれ、時間によっては

少し蒸し暑さを感じるような2日間でしたが、

延べ30組程のお客様にお越し頂きました。

 

 

 

 

お蔭様で、スタッフ4人が常に対応させて頂いていた状況で、

賑わっている写真が殆ど取れませんでした。苦笑

 

予約制でも無く、ご近所のたまたま通りがかったっと

いう方々も、気軽にお越し頂けたのがとても良かったようです。

 

この辺りは、この地域に長くお住まいの方、

二世帯やご実家が近くに在る、という方が多く、

とても参考になった、と笑顔で帰られる姿が殆どでした。

 

 

その全貌がこんな感じです。

 

玄関入ってすぐにホールからダイニングを臨む。

 

 

ダイニングから30cm程下がったリビングを臨む。

 

 

リビングを見上げると小屋裏の開口部。

 

小屋裏からダイニングを臨む。

 

 

造作キッチン。ベースは大工さんにて製作。

大判のマットな質感のタイルを貼って雰囲気を出す。

 

 

ダイニングの奥には出窓ベンチ。

 

 

階段下のスペースを利用した収納。

 

 

 

そして、今回の物件は住まい手さんが見つけて来られた

中古物件で、販売時には外部、内部共に特に手を付けて

いない状態であり、更にある程度の築年数が経っていた事もあり、

そういった意味では、販売価格は多少お安めだったようです。

その分、今回のリフォームに予算を掛けられた、という

メリットがありました。

 

大抵、販売される中古物件は綺麗にした方が売れ易い為、

リフォームをしてしまうケースが多いのですが、

そうすると、その分の費用は上乗せられてしまう為、

販売価格は高くなる事が多いのです。

こういった意味では、今回のように逆に手を付けていない

物件を敢えて探すのも方法のひとつです。

 

 

そして、今回の場合は省エネに対しての助成金を活用することが

出来たのですが、築年数が経った物件に対しては、

耐震や断熱などの今の基準に持っていくまでの費用として、

助成金が下りるケースが増えてきます。

それを活用することで、上手に費用を調整できるメリットがあるのです。

 

なので、今回お越し頂いたお客様は、

築年数の経った物件は全く考えていなかった、

という声もあり、中古の物件に対する考え方が変わった、

っと、頻りにおっしゃっていました。

 

 

 

今回のOPEN HOUSEでは、こういった、

余り一般的には認知されていないような部分を発信する事ができ、

リフォームの可能性、魅力を

少しでも広める事ができたように思いました。

 

やはり、築年数の経った建物の魅力は

今には無いモノがあるはずなので、

それを住まい手さんに合わせて、活かす事ができる、

リフォームと言う仕事は、やっぱり深みがあります。

 

 

 

この魅力を、可能性を少しでも多くの方に

知ってもらえるよう、精進する日々です。

 

 

 

 

山森

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop

古今

Facebook

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-32-5

Copyright c 2015 KOKON CO., LTD.