カテゴリー別アーカイブ: イベント

木々の日々

2017.05.26

5月が終わります。

シンジラレナ~イ早さです。

 

今月は、昨年お引き渡しした新築住宅の1年点検

に行ってまいりました。

 

一年点検では、

外壁にヒビはないか、屋根雨樋はしっかり役割を果たしているか

日々、紫外線と風雨にさらされる部分と

床下と天井裏に潜って水の侵入、漏水、雨浸みや不具合がないか

など日常過ごされていると気づけない部分を中心に

30項目くらいの古今のチェックシートに基づき

確認していきます。

 

 

 

この時、大事になってくるのは点検口の位置。

新築計画時にメンテナンスがしやすい場所につけておく

というのが大事で、計画時にしっかり熟慮しないと

メンテ時や何か問題があったときに、恐ろしく後悔します。。。

わたしたち作り手側は、計画時にいつもメンテの時を想像して

ここにあると便利だな~、普段は目立ちづらいな~っていう

場所を想像しながら計画をしてるもんなんです。

この物件は、反対側の玄関収納にも点検口設置をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

古今では外壁は白洲そとん壁を使うことを標準としています。

100%自然素材のため、収縮や日の当たる方角により

ヘアクラック(外壁表面だけのヒビ)などが

季節の変わり目に入りやすく、しっかり点検していきます。

 

 

 

 

構造材も全て無垢材を使用しているので

新築や全面改装時からおおよそ二年くらいまでは

木が収縮を繰り返し、かなり動きます。

そのためその影響で内装のクロスや珪藻土に

影響を及ぼすことも。

木の動きでボルトも緩むので締めなおしていくくらいです。

 

そのため、現状で下地が動いて表面に影響してるな~

って思っても、そこまでひどい状態でなければ

いつも、2年様子見て下さい、

2年点検時に動きが落ち着いたら、補修やメンテをより

しっかりやっていきましょう、と住まい手さんに

お話ししています。

 

 

点検時には、上記のようなもののほかに

木製建具や家具をオーダーで作っていくので

建具調整や引出、サッシの調整や換気扇や給気口の点検など、

現場の知識と道具が使えないと

難しい項目が多々あります。

 

 

 

家作りには、やはり会社として非効率な側面もあるのですが

「自分で設計し、自分で施工管理し、自分でメンテをする」

ということの大事さを痛感します。

 

 

設計者も施工者も職人も人間なので、どんなに優秀な人間でも

分業すればするほど、マニュアル化すればするほど

責任感の意識が薄くなり。。。

という部分は経験上やはりあります。

 

今後も出来るだけ長くこの形でしっかり自分たちの造ったものに

対しての責任を果たせていけたらと思っています。

 

 

 

 

 

さて、5/23無事 喫茶古今 終了しました。

今回もいろんな出会いがありました。

 

終了後、4haさんのキッシュとレモンケーキを

スタッフで奪い合い。

 

じゃんけんで購買権取得後、何を買おうかな^の風景。

元井最下位敗退。。。。

 

 

 

 

 

包装もこだわってる感ひしひし。チョコレート。

 

今回の喫茶古今に来てくれた方の中に、古今の近くで

チョコレートを工房を営んでいる方が来て下さいました。

お話しを伺い、ものすごい素材へのこだわりと信念

を感じました。

チョコもですが、オレンジの触感と風味が他とはまったく

違います。

住まいに関しても強い関心があるようで、来て下さったようで

す。

 

 

勝手に宣伝ですが機会があれば是非。

お世辞じゃなく 美味い です。

SOCORA

 

次回の喫茶古今は7/7。七夕であります。

 

 

 

元井

 

 

GW休暇

2017.04.24

 

 

誠に勝手ながら

4月29日(土)~5月7日(日)までお休みを頂きます。

 

 

お休み中は担当の携帯ナンバーをご存知の方は遠慮なく。

 

上記以外の方は

 

info@kokon-sumai.co.jpまで。

 

順番に返信させて頂きます。

 

5月8日より通常営業となります。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

雨ニモマケズ風ニモマケズ・・・

2017.04.24

暖かくなってきて人も草も世の中が動き出しているような

わしゃわしゃっとしている感覚があります。

 

先日、寒川で施工中3F建て鉄骨造のリノベーション現場で

出会った名もなき雑草。

 

 

その日と前日は風が異常に強くて、一度ブルーシートで

囲ったものも風で飛ばされて、再度担当の鈴木君と一緒に

現場でブルーシート+木材で雨養生をしていたのですが

充電ドライバーの充電をしようと近くにあった

コンセントを見たらこの姿で。

 

 

 

このコンセント、建物2F、かつ鉄骨造の建物内にあります。

この環境でどこで根を生やして、どこから伸びてきてるのか。

とんでもない生命力ですね、君。

 

 

たまにスキマがなさそうなアスファルトからも顔を

出しているものも居ますが、いつもそんなとき

雑草に対してすごい愛情と丹念な観察を基に植物の世界を描いて

いる絵本作家 甲斐信枝さんだったらどんな言葉をかけんのかな

とも思います。

 

 

 

「雑草のくらし」は出版から30年以上たつ今も版を重ねる

ロングセラーらしいです。僕らは職業柄、更地に生えてくる

雑草を根こそぎ刈り取る習性がありますが、

この絵本を本屋で読んで、NHKの特集も見ちゃったのですが

それ以来、雑草に少しだけ愛着を感じるようになり

そんな折、現場で出会ってしまいました。

 

 

 

これから大工さんが入る木工事が始まります。

いつまで君はそこに居れるかね。

 

 

 

雨ニモマケズ風ニモマケズ・・・

 

ですね。

 

 

 

さて、私は雑草君のようにしぶとくは生きれないので

古今としてお休みをいただきます。

 

 

 

GW休暇 4月29日~5月7日となります。

5月8日より通常営業となります。

宜しくお願いいたします。

 

 

5/23は「喫茶 ココン」へ。

 

motoi

2017.02.21

こんにちは、古今です。

さてさて、先日のブログでもお伝えいたしましたが、
昨年から大好評の「ココンDEカフェ」の第三回目を開催致します!

 

(フライヤーの色合いをちょっと春らしくしてみました)

 

開催日は3月7日

開催時間は10時〜16時(商品が無くなり次第終了)
ですので、是非足をお運び下さい!

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

保存

ココンカフェを行いました!

2017.02.08

こんにちは、古今です!

 

先月31日に、第2回目の「ココンカフェ」を開催しました。
今回のココンカフェも前回同様、鎌倉にある1軒家の1室をアトリエとし、お料理教室とキッシュやお菓子の販売を行っている4ha(ヨツハ)店長の栗木さんにお越しいただき、一日店長としてカフェを運営していただきました。

 

L1020223

 

L1020231

 

▲前回オープン1時間で売り切れてしまった大好評のキッシュ!
前回よりも量が多かったにも関わらず、今回も売り切れに。

 

 

L1020239

 

L1020222

▲色とりどりのコンフィチュールも大好評。美味しさと可愛さがギュッと詰まった小瓶に思わず見とれてしまいます。

 

 

L1020257

 

L1020253

▲イベント当日は最高気温が20度近くまでいったので、古今の空間でのんびりカフェをされる方も多く、おだやかな時間が流れていました。

 

 

 

前回も今回もたくさんのお客様にご来場いただいたココンカフェですが、なんと次回の開催も決定いたしました!(パチパチパチ)

 

次回は来月3月7日(火)に開催いたします!また皆さまとお会い出来るのを楽しみにしています!

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

 

 

 

保存

ココンDEカフェを開催いたします!

2017.01.05

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。古今です。

 

さて、昨年11月に開催できなかった第二回目の「ココンDEカフェ」が今月30日に改めて開催することが決定いたしました!

 

 

kokoncafe

 

オープンは朝10時からとなっております。
寒い日が続きますが、是非、古今でお寛ぎくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

年末年始休暇のお知らせ 12/30~1/9

2016.12.28

 

弊社も12/30~1/9まで年末年始休みを頂きます。

1/10から通常営業となります。

しっかり羽を休めます。

 

年末に打ち合わせをしたお客様に頂きました。

いえいえ、こちらこそ感謝。

 

今年の古今は、思ってたより高いところまで飛べて

見えたことのない景色が見えたり、

いつもより低空飛行をして、また見えたことのない景色が見えたりと

何とも滋味のあるシーズンでした。

 

今年もたくさんの出会いがあり、奇跡的な出会い、

出会うべくして出会ったような方、

仲間での横のつながりでのお仕事あったりと

なにはともあれ、感謝しかありません。

みなさんのおかげで頑張れました。

 

来年も地に足付けて、自分たちに出来ることを見極め

自分達らしくやっていく事を信条に精進します。

 

2017年も宜しくお願い致します。

 

元井

 

 

 

 

 

 

 

ココンDEカフェ イベント開催中止のお知らせ

2016.11.28

こんにちは、古今です。

明日、11月29日に開催予定の「ココンDEカフェ」ですが、当日の店長を務める、栗木由妃さんのやむを得ぬご都合により開催ができなくなってしまいました。

楽しみにしてくださった皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくご了承くださいますよう、お詫びかたがたお願い申し上げます。

 

株式会社 古今

ココンカフェ開催します!

2016.11.15

cafeoutline2
前回大好評だった「ココンカフェ」を今月29日に再び行います。

時間は前回と同様、10時からオープン。
前回あっという間に売り切れてしまったキッシュも、季節にあわせた中身に変わっており、その他のメニューも前回と変わっているものもありますので、今回初めての方も、2回めの方も是非お気軽に古今での時間をゆっくりお過ごしください。

 

 

img_1243

古今の木々もすっかり秋めいて見頃を迎えておりますので、カフェとともに、こちらもお楽しみくださいませ。

 

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

 

保存

保存

保存

ココンカフェにご来場くださりありがとうございました!

2016.10.03

青葉台 カフェ リノベーション 横浜

 

先月29日に弊社ショールームで「ココンカフェ」を行いました!

 

 

「ココンカフェ」は鎌倉にある1軒家の1室をアトリエとし、お料理教室とキッシュやお菓子の販売を行っている4ha(ヨツハ)店長の栗木さんにお越しいただき、一日店長としてカフェを運営していただきました!

 

 

青葉台 カフェ リノベーション 横浜

▲こちらが4haさんの名物のキッシュ!生地はサクッと、中身はぎっしりしていてとっても美味しいんです。

 

 

青葉台 カフェ リノベーション 横浜

▲こちらは、ソーダや牛乳で割るシロップとジャム。ジャムは「イチジクと黒こしょう」や「ブルーベリーとヘーゼルナッツ」などがありました。

 

 

 

青葉台 カフェ リノベーション 横浜

 

 

 

当日は10時にオープンしたのですが、オープンと同時にたくさんのお客様にご来場いただき、1時間もたたないうちにキッシュは売り切れてしまいました!本当にありがとうございました。

 

ただ、お昼時にキッシュとコーヒーを楽しみにしていたお客様に行き届かず、申し訳ありませんでした。

 

そこで、来月11月29日に再び「ココンカフェ」を行うことが決定いたしましたので、ここでご報告させていただきます!

 

 

次回は今回よりもキッシュの量を増量する予定ですので、
皆さま、是非またお気軽にご利用ください!

 

 

それでは!

 

 

 

 

古今

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

「ココンカフェ」を開催します!

2016.09.06

こんにちは!古今です。

 

私たちが青葉台に居を構えてからあっという間に1年半とちょっとが過ぎました。

 

私たち古今も、街の一部として少しずつ馴染みはじめることが出来てきた気がしますが、
それでもまだ「あの敷居の高そうな建物は何?」と思われることもしばしば。。。

 

 

そこで、「もっと色んな人に古今の空間を知ってもらいたい」、
「高いように見えるけど、実際はそんなに高くない敷居をまたいでもらいたい!!」
との思いから、こんなイベントを企画してみました。

 

 

cafeoutline

 

「ココンDEカフェ」!(そのまんまのネーミングでスミマセン)

 

日時:9/29   10:00〜16:00まで
古今ショールームにて

 

 

「ココンDEカフェ」は古今のショールームでカフェを楽しめる1日限りのイベント。
お一人様で読書を楽しむもよし、お友達連れで、お子様連れでワイワイ過ごすもよし、
私たちの空間で充実した時間をお過ごしいただければこれほど嬉しいことはありません。

 

 

また、当日カフェの運営を行ってくださるのは、鎌倉にある4haの店長「栗木 由妃」さん。
当日サクッとした食感が特徴的な4ha名物のキッシュや焼き菓子、ジャムなどをご用意してくださるとのことです!

 

 

もちろん、テイクアウトもOKなので、是非この機会に敷居が高そうで実は高くない古今に足をお運び下さいませ〜。

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

 

 

保存

保存

保存

保存

完!OPEN HOUSE  生誕!KOKON HUT 

2016.07.25

7/23日・7/24日二日間にわたり、

横浜:緑区で行っていたOPEN HOUSEが

無事に終了いたしました。

 

 

IMG_5769

 

KOKON HUTのコンセプトがアンテナに引っかかった方々、

土地が高い青葉区で手ごろな建物金額でこだわれるコトに惹かれた方々、

古今に興味あった方々、同業者の方々、

古今ですでに打ち合わせを進めている方々

二日間TOTALで延べ20組以上の方々に見て頂けました。

 

 

 

IMG_5788

IMG_5781

IMG_5770

IMG_5771

IMG_5795

IMG_5798

 

 

OPEN HOUSEあるあるですが、最終日の夕方に

ピークがくるという。。。

 

終わった途端、スタッフのやりきった~っていう感覚と

疲れた~っていう感覚が入り混じった吐息がどこかしこで

聞こえました。みんなお疲れ~。でもやりきったね!

 

何よりWさん二日間お貸しくださり、ありがとうございました。

 

KOKON HUTを構想したけど、実現はいつの日のことやら

と思っていたのですが、これに興味を持ち、敷地形状と

自分仕様に少し変更加えて、こんなにも早く実現させて下さった

Wさん。構想から実現まで1年ちょっとでした。

奇跡といってもお釣りがくるくらい。

 

打合せから、色々なアドバイス・励ましあり、素敵な照明まで

逆提案までしてくれて。。。

 

このご縁と出会いに感謝してもしきれません。

 

ほんとに有難うございます。

 

木工事・キッチン造作、色々手伝ってくれた

遠藤大工さん、各職人さんありがとう。。。

 

 

2日間通して

KOKON HUTの社会的需要と可能性をすごく感じました。

同時に、もう少し磨ける部分もあるなと。

 

作り込み過ぎない魅力(自分で手を入れられる)

25年メンテナンスフリーの外壁と屋根

耐震と断熱は一定性能は担保されている

木の見せ方・使い方がちょうど良い

コストがわかり、総資金計画が立てやすい

 

ご説明していて、このあたりのワードに

全体を通してみなさん興味がお有りになったようです。

 

もっともっとKOKON HUTを広げていきたい。

 

そんな思いがより一層高まったOPEN HOUSEでした。

 

これで終わらないよう、更なる 「滋味深く、暮らす楽しみ」 が生まれる住まいを私個人、古今一同、創っていきたい。

 

 

日本の住まいは極端だ。

建売住宅では、手が届くけど物足りないし、作りこまれすぎているが故に自由度が少ない。

注文住宅は、こだわれるし、自由度は高いけど手が届かない。

こだわりを持ち続けられ、手が届く範囲のちょうど良い住まいづくり。

そんな住まいはつくれないか。

日本の気候風土に合った木造在来軸組工法で容易に加工できるシンプルな骨組み。

仕上げや間仕切りは生活の変化に対応して変えてゆくことができるワンルームの間取り。

住まいをつくるとき、全てを人任せにするのではなく、出来るところは自分の手でつくる。

あるいは、未完成な部分を残しておいて、住まい手の生活スタイル、

家族構成、時間軸によって手を加え育ててゆく。

最初から完全を求めず、住まいをつくりこんでいく楽しみを手離さない。

 

HUTとは小屋のこと。

KOKON HUTは、必要最小限の住まいからスタートします。

 

広がれ、KOKON HUT。

 

元井

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

保存