自然素材を利用した新築注文住宅 リフォーム リノベーションを提案する神奈川 横浜の建築士事務所

home

お問い合せ

Facebook

神奈川・横浜を中心に自然素材での注文住宅
リノベーションの設計・施工会社

新しいのに、懐かしい。

木々の日々

家づくりについて古今の想いを日々綴っております。

HOME > 木々の日々

【大庭の住まい】最終段階!

2015.07.15

熱い。。。。

現場作業していると汗が止まりません。

大庭の住まいがお引越しへ向けて最終段階に来ています。

 

そんな【大庭の住まい】ですが、住まい手のご厚意により、

お引越し前に一日頂き、7/19日(日)10時~17時

OPEN HOUSEを行わさせて頂くことになっています。

 

大きな宣伝もしていないので、ひっそりと行うつもりでいます。

予約は不要ですので、お時間あればご来場ください。

 

 

 

大庭の住まい 内観写真

IMG_4026 IMG_4014 IMG_4015 IMG_4020

 

古今のコンセプトである

 

新しいのに、懐かしい と 住まい手の想い 漂っています。

 

そんな【大庭の住まい】です。

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

OPEN HOUSE

2015.07.13

藤沢市で建築中だった「大庭の住まい」で、住まい手さんのご厚意によりOPEN HOUSEを一日限定でさせて頂くことになりました!

 

当日はご予約不要。

住まいに関して詳しく聞きたい!という方は、KOKONスタッフがご案内

させて頂きますので、別途info@kokon-sumai.co.jpまでお名前、

ご連絡先、来場時間を明記の上、ご一報ください。

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

グリーンのイベント

2015.07.10

去る7/3に古今でグリーンのイベントを開催しました!

生憎の梅雨空真っ只中の天気で、イベント開始(14時)の二時間前のお昼、

最強にザーザー降り。。。。。

これは緑のイベントなのに室内か〜と段取りを変えようか変えまいか

悩んだ結果、自分たちの運を信じて決行致しました。

 

 

講師の原嶋氏も緊張と雨模様にムムム。

合わせて、この日の参加者にはお花のプロが二名。

それを伝えると、緊張がピークに達して、またもや言葉なくし、ムムム。

 

 

しかし、まだまだ僕たちツイテいました。

開始の14時にはパタッと雨が止み、

イベント終了時間の16時半にはまたもやザーザー降り。

 

ちょっとした奇跡でした。

参加して下さった方々も、古今さん持ってるね!って。

 

無事に予定通りの工程を進むことが出来ました!

 

プロジェクターを珪藻土の壁に射影してイベント開始!

先ずは、原嶋氏の自己紹介を兼ねて、過去の作品事例や

担当する箱根の彫刻の森美術館の展示物とのコラボ

の概要などご説明して頂きました。

 

 

 

 

 

続いては、今回のメインテーマ。

KOKONのお庭とアプローチを手掛けた原嶋氏によるコンセプトと

建物を設計施工した元井とどのような会話からどのような工事

をしていったのか、当時の写真を交えてご説明していきました。

 

緊張していた原嶋氏も開始から30分経って

ようやくいつもの饒舌な原嶋氏に戻ってきました!

 

 

緑は単独でも映えますが、建物や人工物、芸術作品とコラボレーション

することで、本来持っている魅力が二乗にも三乗にもなります。

3

14

当然そこには、樹形や樹高、葉ぶりの大きさ、落葉か常緑かetc

様々な要素を加味しながら樹木の位置や植え方を決定していきます。

建物とは違い、地面の高さ関係が場所により変わるので

そこも建物の設計とは違う難しいところです。

 

 

 

緑は雨が降ったあとは、本当に生き生きしてきます。

ザーザー降りの雨が止み、最高の緑の状態のなか、

外へみんなで出てレクチャー!

 

ご参加のみなさん、なかなか樹木の生育や特徴をマンツーマンで

聞く機会もないせいか、いくつもの質問が飛び交っていました!

 

 

 

この後は、いつもKOKONでフレンチのイベントを出してくれている

OGUROさんに、究極のガトーショコラと

古今の庭で採れたローズマリーで煮出したお茶をお出しして

全員で優しい時間を過ごしました。

神奈川・横浜・青葉区・住宅リノベーション・リフォーム・古今

 

 

 

原嶋氏から参加者へのプレゼントで彫刻の森の本を。

箱根は現在、大変な状況下ですが、落ち着いたら

是非、足を運んでみてください。

一見の価値ありです。

 

 

終了後のもぬけの殻、原嶋氏。

あしたのジョーの最終回のよう。

 

 

本当にお疲れ様でした!場慣れてしていないからこその

原嶋氏の熱量がビンビン伝わってくる素敵なイベントになったと

思います。

 

 

皆さま、口々に楽しかったです!とおっしゃって頂きました。

 

KOKONは次回も自分たちも愉しく、ご参加の皆様も楽しめる

何がしかのイベントを模索中です。

 

ご期待ください!

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

KANREKI!!

2015.07.08

こんにちは。古今 鈴木です。

 

本日は大工さんについて少々。

皆さんは大工さんと思い浮かべるとどんな方達を想像しますか?

 

自分は、建築業界に入る前までは大工さんといえば、

 

□ニッカポッカに捻りハチマキに腹巻

□無口でおっかない、怒ると「てやんでぇ、べらぼうめぇ!」という

□タバコと日本酒をこよなく愛する

 

的な偏見を持っていましたが、タバコを吸わない方やお酒が飲めない

方が以外にも多かったりします。

 

 

古今で大庭の住まい・若葉台:全面リノベの木工事をお願いしている

菅原大工さんがめでたく還暦を迎えました。

 

古今でのお仕事中にこのようなタイミングになるというのは

少なからず縁を感じます。

 

菅原大工さんは元井が人生で初めて

新築を担当した時(ペーペー時代)、お願いした大工さんだそうです。

菅原さん還暦!

プレゼントされた電動ピンネイル機とKANREKI Tシャツを着てはしゃぐ

菅原大工さん。(KOKON事務所にて)

 

 

自分がはじめて担当した新築工事の大工さんは、私の親と年齢がほぼ

変わらないくらいの大工さんなのですが、とても気さくでワインが大好き

なダンディ大工さんです。

 

我が家を建てる際は、毎日通える距離ではなかったので、2か月間

住み込みでお願いしました。

 

食事や洗濯など大変だったと思いますが、

ほんとにありがたい限りです・・・。

 

 

住まい手さんと私たちでいっぱい妄想して、図面に書き込んだひとつひとつを実際にカタチに造りあげてくれるのは、大工さんはじめ職方の

皆様です。

 

あ・うんの呼吸で妄想をカタチに出来る職人さん達に支えられて、

日々古今は精進していきます。

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

GENBA ×2

2015.06.24

大庭の住まい 内装が始まりました。

塗装→内装→造作建具、造作家具、タイル、照明付→水道設備設置、etc

とここからはほぼ2.3日おきに職人さんが入れ替わり

足早に現場が進んでいきます。

ですので、監督兼設計士(私、元井)は段取りと現場チェックが

大忙しの時です。

もうひと踏ん張り。ガンバリマス!

 

ここで自己満足の上塗りをひとつ。

 

私の前回のブログでご紹介した部分がさらに素敵に仕上がりそうです。

 

二階ホールより

IMG_3828

 

 

一階から天窓を見上げる

IMG_3830

 

 

天窓は北東向き。

この時期、朝は本当に綺麗な自然光のラインが入ります。

この自然光のラインの位置と長さは移りゆく季節や時間帯で

変わってきます。

どのような自然光の入り方をしているのか、この現場にいくときの

こっそりとした私の愉しみにもなっています。

 

二階ホールの本棚から入り込む自然光。

IMG_3834

本棚上を開口としてOPENにした部分と、デスク前の欠き込みから

優しい自然光が入り込んできます。

美しいです。。。

狙い通りに仕上がりそうです。

 

 

1階の階段下デスクにも、ストリップ階段を透過し、光が落ちています。

IMG_3829

 

天窓は電気で自動開閉します。開口時に雨が降るとセンサーにより

自動的に閉まります。優れたやつです。

 

この天窓は大庭の住まいにおいて、北側の自然光を取り入れる窓とし

て、一階の生活空間から温まった空気が階段室を通り、この窓から

抜けていく空気の流出口として、大きな役割を持っています。

 

 

自然の光と自然の風とずーっと仲良く暮らせる住まい。理想です。

地球で生きている私たちは、常にこの自然の恵みを享受していますが

普段は当たり前すぎて、このありがたみに気付けません。

 

住まいにおいては、この恵みとどう上手く付き合っていくかが

目に見えない住まいの温熱環境や居心地というものすごく抽象的だけど

大事な部分に大きな影響力を持っています。

 

わたしたちのような建築会社、設計者の設計デザイン・考え方・知識、

住まい、住まい手さんへの想いひとつ次第で

これらの恵みがまったく意味のないモノにもなり得るし、

逆に住まいに悪さをするモノにもなり得ます。

 

どうせなら恵みを上手く利用してやろうと思っています。

 

この物件では、設計段階での入念な検討と現場での職人さんとの

微調整が結実し、上手くいったと思っています。

 

はい。すいません。

自画自賛です!

 

 

吹き抜けと2Fを繋ぐ通風窓(下写真右開口)

1Fリビングに届く東面FIX窓からの自然光(下写真左の窓)

これも電気式の自動開閉窓(下写真正面の小窓)

吹き抜け天井に見えるサザエさんの波平さんの髪の毛みたいな

ちょろっと出ている部分に空気を吸引したり攪拌したりするファンが

付きます。

IMG_3833

 

 

 

 

もう一件。

若葉台:マンション全面リノベ現場です。

感覚が飛びぬけて素敵なご夫婦と、まだお会いしたことがない

娘さんの住まい。(早く〇ちゃんに会ってみたい。。。)

 

こういう方々と一緒に暮らしづくりができる喜びを

日々実感しています。

 

 

その物件がいよいよ着工です。

施工中事例として、のちにUPしていきます!!

 

先行解体を実施し、壁の中に隠れていた

給排水部分のチェックや床の勾配

などをKOKON総出でチェックしにきました。

合わせて、新しく組んでいく壁の位置を床のコンクリートに

明示していく墨出しをしています。

 

 

大村クン・鈴木クン真剣。

元井一休み。

IMG_3837

 

解体後の写真   撮影 ボルダリング鈴木

 

 

 

元々あった細切れに仕切ってあった間仕切りを解体し、全面開口PLANです。

ここの窓にあまり認知されてないけれど、優れた断熱性能と調湿性能を持つ障子を全窓に取り付けていきます。

妄想するだけでわくわくしますでしょ!

木の素材感と日本人らしい和のテイストが感じられる空間になります!

 

 

IMG_5308

ここの住まい手さんは、これらの間仕切りを取れば、空間を横長に使う

居住空間が確保でき、かつ窓から見える緑を室内に取り込むことで

自分たちが理想とする居心地の良い空間が実現

できるのでは?というイメージを持ってKOKONに相談に来られました。

 

物件選びの段階では、小奇麗にリフォームされた物件には目もくれず、

自分たちの持つ居心地の良い住まいのイメージにどう近づけるかを芯

にこの物件を選ばれたそうです。

 

KOKONに来られ時には、すでにPLANが出来ていました。

 

 

まるでリノベ慣れした設計者の目線です。

内見の時には、先住の方が住んでおられ、荷物や家具やわんさか

ある状態で、ここまでイメージすることは簡単そうで、簡単ではありません。

その感覚たるや、何なんでしょう。。。一言でいうと、センスってやつでしょうか。。。

その会話をしていた時、鳥肌もんでした。

 

普段から妄想やイメージがいかに自分の理想とする生き方や人生に

多大な影響を及ぼすかという事に、改めて気づかされた気がします。

 

 

みんなでいえーい!

IMG_3826

改装後、同じアングルとポジションで記念写真を撮りましょうって

お話ししています。

 

 

ご期待を裏切らないよう、堅実に着実に一歩づつ進んでいきます。

 

元井 史朗

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

土地探しとKOKON HUT

 

こんばんわ。古今の大村です。今日は私の友人のお話しです。

現在賃貸のマンション暮らしのK君、お子様も生まれ、そろそろ家を買おう!と思ったらしく、

相談に乗ることになりました。

今年の1月の話です。建売り住宅でもいいかなと思ってたみたいですが、建売住宅と注文住宅の違いを私が余りにも熱く語るものでK君もそれなりに家づくりの大変さと楽しさを理解してくれたようでよかったです。家づくりにかけれる予算も決まっていましたので、弊社の規格型住宅 KOKON HUTを提案しました。土地を探してからプランを練るのではな

くKOKON HUTが入る土地を探そう!という提案です。

すごく喜んでくれました。今後KOKON HUTについてはいろいろ明らかになっていくと思いますが、それはまた今度。

 

KOKON HUT 外観イメージgaiakan B

とりあえず土地を探すにあたり、弊社協力会社の不動産屋さんから、いくつか物件資料を出してもらいましたが、

図面上であれはだめ、これはだめと一向に現地に足を運ぼうとしません。ご主人の希望である都内で一件中古物件が運よく見つかり、場所・予算・地形もよかったので私はこれだ!と思いK君に伝えたのですが・・・

うーん。少し高いな。と一蹴されてしまいました。第一希望である都内での土地探しだったので、相場をみても全然高くないし、むしろ安いとさえ私は思いました。まだほかにいいのがあるのでは?なんて思ったはずです。

何度もとりあえず現地を見よう!と誘ったのですが腰は動かず。数日後その物件は他のお客様のものに・・・・

 

それ以来、。私もいろいろ調べて物件資料を見て現地を訪れるのですが、K君希望の土地は見つからず。

結果論かもしれませんが、あの時見に行ってればよかったとK君も今になって後悔してます。私もなんでもっとむりやりにでもK君を連れていかなかったのか反省するばかりです。

あれから半年がたちます。K君は毎週いろいろな不動産屋さんに足を運んでいるのですが結局土地は見つからず。

最後には建売でいいかなと言ってきました。何件も物件をみてるので現実ラインが見えてきたのかもしれませんね。

100%自分の希望の土地なんてなかなかないものです。家づくりをするにはある程度の妥協も必要だと思いますが、

私達が設計力で補うことができればよいのです。それが私たちの仕事です。

そのあとにはきっと素晴らしい暮らしが待っています。私が彼に言いたいことはあきらめたらそこで試合終了だよ!

K君あきらめずにがんばろう!僕も一生懸命お手伝いするから!

土地探しは運と決断力!と私は思います。

 

 

最近問い合わせが多くなってきました。嬉しい限りです。

慢心せず頑張っていきますので今後とも古今をよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

 

 

 

はじめまして。

2015.06.15

はじめまして、古今の鈴木です。

 

ついにこの時が来てしまいました・・・・

小学生の頃から作文が大の苦手な私には、ブログ更新が苦痛でしかたがありません・・・

 

 

私事ですが昨年、念願の新築を建てました。

それなりに建築に携わってきましたが、実際住んでみると色々と使い勝手の良し悪しが、

改めてわかってとても勉強になりました。

 

中でも、これは採用して良かったと思う物をひとつ。

 

 

□洗面脱衣室の造作収納

 

4人家族なので、引出しを4段。下着等の着替えを収納出来ます。

今のところ背が一番高い私が最上段です。ここだけは父親の威厳を保っています。

 

上部の開き戸には、タオルや洗剤のストック等を収納、下部のオープンスペースには

洗濯カゴを置ける様にしています。折り畳み式の踏み台、体重計なんかも置けますよ。

 

 

先日ご契約いただいたお客様も洗面室に収納を希望されていて

お話を伺うと、使い方も似ていそうだったので

同じ様な収納をご提案させていただきました。

ご契約の際に「洗面の収納がとても気に入りました。」と言っていただき、とても嬉しかったです。

 

ただ商品を取り付けるだけなら誰でもできる。

住まわれる方の暮らし方を妄想し、

その方の暮らし方に合った使い勝手もご提案していければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

ガーデニングのお勉強会を行います!

2015.06.09

こんにちは!古今です!

早いものであっという間に一年の半分が過ぎてしまいましたね。なんとも怖いものです。

さて、7月のイベントのお知らせです!
今回はいままでとちょっと路線を変えて、住まいのお勉強会を行います。

 

題して
「ココンDEガーデニングお勉強会 ~緑と石のお庭ができるまで~」

 

イベントの概要ですが、

日時:7月3日(金)14:00〜(2時間程度を予定)

内容:ガーデニングのお勉強会&美味しいケーキとコーヒー

参加費:2,000円

となっております!

神奈川・横浜・青葉区・住宅リノベーション・リフォーム・古今

 

講師を務めるのは、株式会社 造景社   代表  原嶋 剛さん。

原嶋さんは、箱根彫刻の森美術館のグリーン部門年間管理主に、個人住宅や商業施設にて建物との相乗効果を図った外構工事を数多く手がけていらっしゃいます。

神奈川・横浜・青葉区・住宅リノベーション・リフォーム・古今

▲実は古今本社の外構工事も原嶋さんに手がけていただいたものなのです。

 

 

お勉強会では、原嶋さんに植物の特性を活かしたガーデニングの方法やデザインの仕方を教えていただきます!
その後は淹れたてのコーヒーと美味しいケーキで、のんびりとティータイム♪

 

 

夏は植物にとってのベストシーズンなので、教わったことを次の日から実践できるはず!

 

 

参加ご希望の方は、

TEL:0120-269-401

あるいは

info@kokon-sumai.co.jp

まで、ご連絡ください!

 

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

 

 

 

大庭の住まい 木工事もう少し! 

2015.06.07

 

 

藤沢 大庭の住まいが木工事佳境を迎えています。

 

まだまだ石膏ボードむき出しの状態ですが

 

階段上につけた採光・通風用の電動開閉式天窓からの光の落ち方が

 

すごく綺麗で、たまらなく写真パチリ。

 

 

この光の落ち方を出したくて、天井のカタチを操作しました。

 

ストリップ階段を透過して1Fにも光が落ち、2Fホールに付ける

 

2Fの手すり兼、本棚造作家具のスキマからも狙い通りの採光が

 

期待できそうです。

 

 

 

 

 

こちらはキッチン吊戸。

 

ご主人のご希望の形 + 私なりにアクセントを。

 

当初はカウンターのみを天井から吊るすことを考えていましたが

 

奥様が落下防止の事を危惧なされていたので

 

ハコで吊戸を組み、壁にしっかり固定し、一方向のみを全ねじで

 

吊るす形としました。

 

 

 

がしかし、ハコで組むと丈夫である分、すごくモッサイ印象が

 

出るだろうなと思っていたので、大工さんにお願いして、

 

木の見えてくる断面にテーパーを取ってもらって、見た目を少しでも

 

スッキリ見える工夫を施してもらいました。

 

 

 

印象が全然違いました。

 

自己満足?

 

 

 

落下防止の桟も一工夫。

 

大庭の住まいのインテリアスタイルに合わせて

 

基礎で使う鉄筋を桟として用いています。

 

ここにメッキのピカピカは嫌だったので

 

なかなかカッコよろしく仕上がりそうです。

 

 

完工に向けて、突き進みます!

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

古今DEフレンチお惣菜販売会を行います!

2015.06.02

こんにちは!古今です!

 

 

今月のイベントのお知らせです!

 

 

今回はいつもイベントでお世話になっている、Le Traiteur Oguroのオーナーシェフ・小黒章太郎さんにお越しいただき、フレンチお惣菜の販売会を実施いたします!

 

その名も

 

 

「ココンDEフレンチお惣菜販売!」

 

 

…そのままなタイトルですみません。。

 

さてさてイベント概要ですが、

日時:6月25日(木)11時〜

古今ショールームにてフレンチお惣菜の販売会

となっております!

 

 

神奈川・横浜・青葉区・住宅リノベーション・リフォーム・古今

 

 

フランスのミッシュランガイド四つ星ホテルで腕を磨いたオーナー・シェフ小黒章太郎さんの料理をリーズナブルな価格で味わうことができますよ♪

 

 

 

神奈川・横浜・青葉区・住宅リノベーション・リフォーム・古今

神奈川・横浜・青葉区・住宅リノベーション・リフォーム・古今

神奈川・横浜・青葉区・住宅リノベーション・リフォーム・古今

神奈川・横浜・青葉区・住宅リノベーション・リフォーム・古今

神奈川・横浜・青葉区・住宅リノベーション・リフォーム・古今

神奈川・横浜・青葉区・住宅リノベーション・リフォーム・古今

 

 

ラタトゥイユやテリーヌなどのお惣菜からスイーツや焼き菓子などを取り揃えてお待ちしております!

 

 

 

是非、お越しください!!

 

 

 

 

 

神奈川・横浜・青葉区・住宅リノベーション・リフォーム・古今

 

New Member!!

2015.05.30

 

 

 

KOKONに新しいメンバーが加わりました!

 

鈴木 裕一 35歳 3歳と0歳のメンズの父親(なぜかオトボケ顔)

趣味はボルダリングと渓流釣り。キャンプ道具はsnow peakで統一。

アウトドア野郎です。

 

 

彼も僕たちと同様、若い時に現場監督を経験し、現場を知っている設計士。

 

 

彼は、某有名建築屋で責任ある立場であったのにもかかわらず、

KOKONで一緒にやっていく事を選んでくれました。

 

 

入社早々、見積もり作成、PLAN、図面描き、etc,,,,,,

沢山の業務を手伝ってくれています。

 

 

ちなみに鈴木自邸は彼の設計施工物件。

この仕事に携わっている人間にとっていつかは叶えたい夢。

趣味が高じて自宅の壁にボルダリングの壁を作っています。

 

 

 

 

益々前進あるのみのKOKONです!

 

GO FOR IT!!!

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

古今の仕事、事例追加!

2015.05.16

 

 

お仕事事例を追加しました!

日吉での店舗内装工事。

ジューシーなお肉が堪能できるお店です。

私たちらしく、建物と緑をうまく融合させたお店になりそうです!

 

古今の仕事へ!

 

忙しくなりそうです。。。

でも、わくわくが止まりません!

 

もう一件、古今から近い場所での

マンションのフル改装が始まります!

 

古今のコンセプトに大いに共感して下さった

素敵なご夫婦とのコラボ物件。

 

私たちと一緒に造りませんか?との問いに

「満場一致で即決」という言葉を添えて、お花で答えて下さりました!

 

なんて粋な事を。。。この感覚が素敵すぎます。

 

 

長い事この仕事をやっておりますが、こんな返事を頂いたのは初めて。

びっくりと同時にうるうるきてしまいました。

 

詳細はまた後日!!

 

 

 

古今一同、誠心誠意楽しみながら取り組んでいきます!

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

14 / 16« 先頭...1213141516

pagetop

古今

Facebook

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-32-5

Copyright c 2015 KOKON CO., LTD.