自然素材を利用した新築注文住宅 リフォーム リノベーションを提案する神奈川 横浜の建築士事務所

home

お問い合せ

Facebook

神奈川・横浜を中心に自然素材での注文住宅
リノベーションの設計・施工会社

新しいのに、懐かしい。

お知らせとイベント情報

古今からのお知らせとイベント情報

HOME > お知らせ・イベント情報

快適空間の検討(2016夏)

2016.05.28

 

 

先日の20日は大安で日が良く、古今でも2軒の新築が上棟しました。

 

そのうちの一軒、「世田谷の住宅」はなんと坪数が68坪。地下も入れると80坪オーバーの建物です。

 

 

大工さんが6人掛かりで作業を進めますが、なかなか進みません。

 

 

その上、クレーン車のアームが建物の半分ほど迄しか届かないので、建物奥半分は人力で材料を上げての作業となります。

 

 

 

結局一日では屋根まで上がらず、2日掛かりの上棟となりました。

私も長年住宅の仕事をしていますが、2日掛かりは初めてでした。

 

 

 

この「世田谷の住宅」は、断熱の仕方が少し変わっていまして、外張り断熱工法という断熱方式を採用しています。

 

グラスウールなどの充填断熱は、通常天井の上に断熱を充填しますが、外張り断熱は屋根の上に板状の断熱材を並べて断熱をします。

さらに屋根の下地の間にも、断熱材を敷き込みます。

 

 

写真はまだ屋根の断熱材だけですが、この後壁も同じ様に板状の断熱材を、柱の外側に張っていきます。

簡単に言うと、魔法瓶の様に家全体を断熱材で包んでしまうといったイメージですね。

 

 

 

実は我が家もこの外張り断熱工法を採用しました。

実感としては、夏場の2階に上がった時の ムァッ とした感覚はなく、空調の効きもいいと感じています。

 

 

ただ、住宅の断熱性能が高まるにつれて、一度室内に入れてしまった熱は夜気温が下がり涼しくなったとしても、抜けづらくなります。

つまり、床材や壁などを日中に蓄熱させない様に、庇等で上手く日影を作らないとどんなに断熱性能の良い家でも、逆効果になってしまう可能性があります。

 

住宅は断熱性能だけでは無く、屋根・庇の掛かり方、窓の付け方、さらには外構での植栽の植え方までをトータルに検討して、初めてその場所にあった最も快適な住宅が出来上がると思います。

 

(我が家はまだ外構やってないのですが・・・・)

 

 

今年は各部屋に温度計を設置しデータを取って、後に発表したいと思います。

 

 

 

 

鈴木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

本日より営業しています。

2016.05.06

 

 

皆様GWはいかがでしたでしょうか?

仕事だった方も、家族サービスだった方もお疲れ様でした。

 

 

 

 

我が鈴木家は連休には決まってキャンプに行くのですが、今回のキャンプはなかなか記憶に残る思い出になりました。

 

Fotor_146253154172470

 

 

 

29日から2泊3日の予定だったのですが、前夜に下の子が39.2℃の熱。

 

 

上のお兄ちゃんと2人だけで行くのかと、覚悟していたのですが朝起きて元気そうだったので、

家族全員で強行しちゃいました。(親失格です。)

 

 

案の定2日目も熱が下がらずに、現地にて小児科に行く羽目になり、病院の駐車場で3時間待ち。

 

 

 

薬を飲ませたら熱も下がり元気にしていたので、車の中で遊ばせていたら、

 

 

 

 

 

 

『ガチャッ!!』

 

 

車の中で鍵を持って、楽しそうに笑っています・・・(本当に親失格です。)

 

 

JAFを呼んで鍵を開けてもらいました。真夏じゃなくて本当に良かったです。

 

全てが大事には至らずに良かったです。

 

 

 

 

 

そんなこんなバタバタでしたが、本日より現場でバタバタしてる私です。

 

 

 

GW前に上棟したW様邸には、大工さんと板金屋さんが入り工事を進めております。

 

 

 

本日板金屋さんは屋根の換気棟という部分の加工をしていました。

 

換気棟とは夏場小屋裏に溜まった、熱気と湿気を外へと排出する換気口です。

 

 

 

 

その名の通り、建物の棟(屋根の一番高い部分)に取り付けます。

 

一般的には既製品の換気棟を部分的に取り付けるのですが、古今の棟換気は一味違います。

 

屋根の端から端までを換気棟とする、松木スペシャル換気棟を採用しています。

(板金屋さんの名前が松木さんというだけです)

 

 

この松木スペシャルですと、屋根スッキリと見せる事が出来るのです。

興味のある方は『松木スペシャル』で検索!!

 

 

 

ウソです。すみません。

 

 

ご覧になりたい方は、是非お問い合わせください。現場へご案内させていただきます。

 

まだまだ、構造部分で完成をイメージするのには程遠いですが、完成すると隠れてしまう構造部分こそ、しっかりと造っていかなければならないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

GW休暇

2016.04.28

 

IMG_1206

 

古今は日ごろの疲れを癒すため

4/29日(金)~5/5日(木)まで休暇を頂きます。

 

なおご連絡等は、ホームページ内、お問い合わせのメール

よりご連絡下さい。

スタッフ携帯をご存知の方は携帯までご連絡ください。

順次、返信させて頂きます。

 

ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。

 

セルフ地鎮祭

2016.03.30

 

 

桜も咲き、すっかり春らしくなっていました。 こんにちは 鈴木です。

 

 

この時期は色々とはじまりの季節かと思いますが、古今もあっちこっちで着工ラッシュとなっています。

 

先日も横浜市緑区で地鎮祭を行ないました。

 

 

地鎮祭とは

 

土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の神(氏神)を鎮め、
土地を利用させてもらうことの許しを得る。(ウィキペディアより引用)

 

という儀式です。

 

 

 

しかも今回はセルフ地鎮祭っ!!

 

セルフ地鎮祭

古今代表 元井神主による自作の祭壇です。

 

 

こちらの写真は鍬入れという儀式。

氏神様もにやけてしまうくらい、ほのぼのとしています。

 

 

お引渡しまで、事故など無い様にみんなで乾杯をして、終わりとなります。

 

 

 

実はこちらの新築工事は【KOKON HUT PLOJECT】第一号なんです!

 

KOKON HUT ってなんぞや?

 

それは古今の社運を賭けた一大プロジェクト・・・

 

詳細は次週へつづく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

L’atelier de Shiho Akita

2016.03.19

ようやく春らしくなってきました。

皆さんも重たかった脚が、軽やかになる頃では

ないでしょうか。

 

 

今年から定期的に開催していますが

古今のスペースで

毎月第2金曜日に開催している教室のご案内です。

 

 

L’atelier de Shiho Akita 主宰 秋田志保先生

 

青葉台で長く教室をされていましたが、縁があって

今年から私どものスペースで教室を行われています。

 

秋田先生は、

柔和で聡明で、とにかく物腰と雰囲気が上質なフレンチリネンような方。

柔かさがありながら、頭から足の先まで一本芯が通っているような。

お話ししていると、こちらも先生の雰囲気に

やられてしまいます。

 

そんな秋田先生は、

わたしたちの造る住まいと同じように、素材を大事にして

その素材のポテンシャルを最大限引き出しつつ、

オリジナリティあふれるお料理をつくられます。

 

私は、住まい作りと料理は、感覚的にすごく似ている部分があると

思っていて、最初に秋田先生にお会いしたとき、

ジャンルは違えど、同じ想いを持ってらっしゃる方で

ぜひ一緒にやっていきたいと思ったのを思い出します。

 

春の軽やかさを連れて、是非青葉台へ。

お料理は、作る人の人柄や想いが

味や盛り付けに出てくるもの。

秋田先生のお料理と共に、素敵な時間を。

 

 

4月の教室の日程と内容はこちら↓

s_Fliers 2.1 name (1)

s_Fliers 1 no-name

 

●2006年から青葉台で開催している料理教室です。

おもてなしをコンセプトに地方のスペシャリテを紹介する

フランス料理やフランス菓子、四季を感じる日本料理など、

旬の食材を丁寧に料理し、その作った料理を囲んで過ごす時間を

大切にしています。

 

毎回作った料理に合うワインを飲みながら試食しますので、

ランチを楽しむ気分でお気軽にご参加下さい。

 

 

●4月のフランス料理とフランス菓子

日時:4月8日(金)10:30~ (二時間半~三時間)

<メニュー>

 

・骨付き若鶏のフリカッセ

香味野菜の風味をゆっくり引き出しクリームで仕上げる煮込み料理

 

・アクラ

カリブ海に浮か小さなフランス領の島の郷土料理。

魚介と野菜をサクサクの生地で丸く揚げます。

ピンチョススタイルで。

 

・蟹とアボカドのサラダ トマトのクーリ

相性のよい蟹とアボカドを爽やかなトマトのソースで

 

・ル・コロンビエ

アーモンドたっぷりの生地にフルーツを混ぜた、

南仏の春のお祝いのお菓子。

ロマンティックな伝説もあり、Weddingの贈り物にも是非

 

 

お問い合わせ

秋田先生

090-2322-4614

 

古今

045-989-3720

info@kokon-sumai.co.jp

 

 

 

 

 

施工事例集出来ました。

2016.02.19

この度、設立からまだ2年にも満たない会社ですが、

イベントで来て頂けた方、近隣の方、お施主さん、様々な方から

古今の仕事がもう少しわかりやすいモノはないかという声が多くなって

きたため施工事例集を作りました。

 

出来れば、古今らしく無駄な装飾を取り除き、シンプルで見やすい

ものを作ろうと、古今スタッフ総出で(といっても4人ですが。。。)

あーでもない、こーでもない議論を重ね、ようやく見せられるものが

出来ました。

 

 

 

今回は、全て古今自作。

構成、デザイン、装丁、裁断、イラスト、文章、etc

自作で作った理由は、

 

理由1

今後施工事例が増えても同じテイストで今回のモノに

容易に足していける

 

理由2

デザインやバランスが違うなと思ったら、容易に変化

させていける

 

理由3

経費削減(人件費考えたら、まったく削減ではない)

 

理由4

愉しそうだから

 

 

実は理由4が全てです。

 

作っていて、ほんとに楽しかった。

 

 

仲間で一つのモノを造る。

これこそが仕事の醍醐味でもあると思うし、

僕が建築がいい仕事だなと思うのは、こういう部分が

大部分を占める仕事だからだと思う。

 

 

写真を撮ると、今一良く見えないですが

自作とは思えないくらい手前味噌ですが、素敵に仕上がりました。

コストは言えないですが、コスパも高し!

IMG_4792

IMG_4791

IMG_4794

IMG_4793

ご覧になりたい方、気になる方は、古今へご連絡ください!

ご連絡は ここまで

 

 

担当の建築現場も順調に進んでいます!

またもや手前味噌ですが、、、、、良い!!!

 

のどかな風景の中に、偉ぶらなく、佇みます。

 

これから、内装工事。

こっからがもうひと勝負。

苦しくも楽しい作業がまってます。

 

 

 

 

 

元井

 

 

 

 

 

気づき&ひと手間

2016.02.09

冬らしい寒い日が続きます。

元井です。

 

年々、冬への耐性がなくなってる気がします。

気づけば、着る服でもデザインや見た目より、機能性重視の

選択が明らかに増えている。。。

 

そして最近、自分的に禁断のレギンスを買ってしまいました。

その日は風が強く、足元から冷風が太ももにあたりすぎて

芯から体が冷えて。

 

流行りの山BOY、山GIRL的な。。。

 

今まで、体育会系な考えで、男がレギンスって。。。思ってましたが

いやはやとんでもなく暖かい。。そして、気持ちいい。

考えてみれば、サッカー選手だって履いてるし、

現場で打ち合わせが多い、私の職業にはもってこいなんではないかと。

 

最近は何も外に出る用事がなくても、履く始末。

あ~あったかい。。。

 

生きていくのにこだわりは必要です。

なくしては何もかもがつまらないと思います。

 

でも、こんな陳腐なこだわりは即刻捨ててしまおうと思えた

最近でした。

 

レギンスさん、すいませんでした。

 

 

 

 

さて、話は変わり、月光荘ってご存知でしょうか。

銀座にあるこだわりの文房具屋さんです。

 

なぜか昔から文房具屋さんに萌えます。

長居します。

気づいたら、月光荘グッズが身の回りにちらほら。

 

仕事の図面入れに使うA3バック。ホルンのロゴがかわいい。

IMG_1299

 

図面上に陰影をつけたりする鉛筆&鉛筆削り

IMG_1300

 

 

そして今回、マグカップ。

IMG_1294

このマグカップは、月光荘おじさんのマグカップとして

売られています。

 

 

何がいいって取っ手が指全部入るようになってる!

IMG_1296

 

 

しかも取っ手が斜めってるから、ほんとに飲みやすい!

IMG_1295

 

なんか、棚から牡丹餅でした。

 

よく一本の指しか入らないやつありますよね。

小ぶりでかわいいのですが、恐ろしく不安定だし

何より、取っ手なのに、持つと変なとこに力入って疲れるし痛い。

 

実用的じゃないなーといつも思いながら使ってました。

この 気づき と ひとてま のおかげで

格段とものが使いやすくなる。

あわせて、デザイン性・手づくり感満載。

 

 

やっぱり、僕はこういうのが好きだなーって思います。

 

 

 

住宅の中でも、そういう部分が実はほとんどかと思うくらい多い。

そりゃそうだ。人が暮らすからね。

 

 

IMG_1297

IMG_1298

 

 

手摺の形状、存在感、デザイン、安定性と握りやすさ。

 

こういう要素を全て内包したものを作るって本当に難しい。

 

多分、僕たちの仕事で一番やりがいがあって、

一番難しいのがこの部分のように思う。

 

しかも、住まい手さんの暮らしや生きてきた環境でも

大きく違ってくる。

 

 

オーダーメイドで住まいを造るという部分で究極の部分は

いかにその人なりのこの部分をこっそりヒアリングし、

しれっと空間に落とし込むことができるているかだと思う。

 

気づいていてくれても、気づいてくれなくても

この部分がしっかり落とし込めてる家は、きっとその人に

そっと寄り添うような居心地を与えているんだと思う。

 

良いモノを見たり、触ったりするといつもこういう事を

思い出させてくれます。

 

精進します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

『ふつう』とは

2016.02.01

あっという間にもう2月。

今年に入って寒い日が増えてきましたね。

皆さん、いかがお過ごしですか。

 

しかし、先日は想像以上に降りましたね。

雪。。。

古今が初めての雪化粧となりました。

 

IMG_5303

 

さすがの植木たちも雪の重みで折れてしまったり、

かなり地面に付く程おじぎしてしまったり。

焦って雪を下すものの、重そうな姿は変わらず。。。

 

しかし、数日後にはほぼいつもと変わらぬ状態にまで

顔をあげていました!!

またまた自然の力、生命力に驚かされます。

 

そう思うと、やはり人も健康が大事だと思い知らされる日々。

「健康第一」「無病息災」・・・

昔の人の言葉は、ホントに深い、そして納得させられることが多い。

 

と言うのも、去年は自らも含め、家族がダウンすることが多かったので、

とてもソレを感じることが多い年でした。

 

皆さんは、こちらをご存知ですか?

 

IMG_5070

 

正直、余りこういう事には疎い生活をしてきたので、

初めて見た時はちょっと驚いた代物です。

「人形」「車形」と呼ばれるモノ。

 

半年毎に神社で行われる「大祓」という行事で、

罪や穢れを祓い落とし、新たな年を迎えるために心身を清める、

というもの。

この人形、車形を身体や車に撫でてから納めるんですね。

 

去年は、夏の暑さに耐えて、元気に過ごせるよう祈念する

「夏越大祓(なごしのおおはらい)」を逃した為?!か、

色々多難があったので、大晦日の「年越し大祓」は

キチっと、納めて参りました。

 

やはり、人も身体という、一番身近な自然の力には逆らえない。

今年は少しでも、健康で、『ふつう』に暮せたら良いなっと。

 

しかし、この『ふつう』がクセ者で。。。

建築でいうと、奥行というか、幅も厚み(高さ)のある

言葉ですよね。

 

『ふつう』に暮らすことの幸せ、ありがたさ。

 

ある時、何十年ぶりに聞いたこの曲に

ぐっと、キテしまったんですよ~(笑)

皆さん、きっとご存知の方も多いはずのこの曲です。

 

 

♫(省略)

いいな いいな

にんげんって いいな

おいしいおやつに ほかほかごはん

こどもの かえりを まってるだろな

ぼくもかえろ おうちはかえろ

(省略)

 

いいな いいな

にんげんって いいな

みんなでなかよく ポチャポチャおふろ

あったかい ふとんで ねむるんだろな

ぼくもかえろ おうちはかえろ

(省略)

 

 

「にんげんっていいな」という曲のこの歌詞!!

この当たり前の『ふつう』こそが、何とありがたい事か。

 

3.11の震災以降は、特にコレを感じてならず。

この歌詞の中の行為が為される場所は、「住まい」と言う器な訳で。

 

そう思うと、「住まい」を作る私たちの仕事こそ、

素晴らしくありがたい事だと、再認識する次第です。

 

皆さんにとっての『ふつう』が『ふつう』に、

長く安心して嗜める住まいを提供出来たら、

それが一番素晴らしいのかもしれない。

 

非日常を味わえたり、今以上の良い暮らしがしたい、

と言う要望に応えるのも、無論この仕事の醍醐味でもありますが、

そこにはきっと暮らしの基本となる、『ふつう』があってのこと。

この『ふつう』は百人十色であると言っても過言ではないと思う。

暮らしの中にある、価値観や習慣、それは絶対しも同じは無いと思う。

 

だから、この仕事、一つとして同じモノはありません。

 

あなただけの「住まい」を、一緒に作っていきます!!

 

 

今年、初のブログという事で、

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

古今 山森

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

1/fゆらぎ

2016.01.25

 

こんにちは、膝痛が治りません・・・鈴木です。

 

 

今年は暖冬だそうですが、そうは言っても先週は関東地方でも

雪が降るなど、冬本番という感じになってきましたね。

 

寒くなってきて、我が家で大活躍なのが薪ストーブです。

 

 

IMG_5857

 

 

安心してください。いつもはこんなに綺麗じゃありません。

 

チビがいるので柵を取り付けていますし、観葉植物は撮影用に別の場所から持ってきた物です。

 

 

 

30坪程の我が家ですが、寝る前に大きめの薪を投入しておくと、

冷え込む朝でも室温16℃くらいはあるので、布団から出るのが億劫ではなくなりました。

 

我が家では、炉壁と言われるストーブの後ろの壁には、さざ波ロックという厚み3cmの天然石を使用しています。

ストーブを焚くと炉壁の石が蓄熱して、火が消えた後も遠赤外線効果でいつまでもぽかぽかしています。

 

 

 

しかし、良いことばかりではありません。

 

初めて焚いた時は、失敗して家中煙モクモクになりましたし、休みの日は薪割り、煙突掃除etc・・・
と手間が掛かります。

エアコンでしたら、コンセントを差し込むだけで暖まりますからね。

 

それに煙がモクモクと出ることはないですが、少なからず外に匂いがでますので、
住宅地の場合は近隣の方のご理解も必要となります。

 

 

 

それでも、もともとキャンプでの焚き火が大好きな自分にとっては、
家でゆらゆらと揺れる炎を眺めているのがたまりません。

 

IMG_5867

 

炎の揺れには『1/fのゆらぎ』という、癒し効果があるそうです。

『1/fのゆらぎ』は他にも、心拍の間隔や小川のせせらぎ、森本レオの声などにもあるそうです・・・

 

 

 

 

そんな『1/fゆらぎ』に我が子も夢中です。

 

IMG_5887

森本レオに夢中にならなくて一安心です。

 

 

リビングやお風呂、トイレなどそれぞれ家の中に1か所でも落ち着ける癒しの場所があれば、
どんな旅館やホテルよりも「やっぱり我が家が落ち着くなぁ」となると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜・青葉区・青葉台を中心に、神奈川・東京で
リフォーム・リノベーション・注文住宅をお考えの方は古今へ

2016 START

2016.01.07

明けましておめでとうございます。

本年度もKOKONを宜しくお願い致します。

 

 

本日より通常営業です。

 

 

新年早々、自宅付近で おーばーざれいんぼう!

 

 

イイコトありそう。

 

 

本年度もKOKONと一緒に。。

宜しくお願い致します!

 

 

 

 

2015 &2016

2015.12.24

f9d09b9e-d75b-4c98-ae63-e27ad3ebb97f

 

2015も残すところあと数日。

 

古今にとっては3月からスタートし、はや9か月。

 

この9か月の間に20組の方々と出会い、住まい作りやその一部に

 

関わらさせて頂きました。

 

 

 

見えない糸で繋がっているとか、何かの御縁とか、

 

世間ではそういう言い方をしますが、今年はほんとうにある意味

 

スピリチュアルな部分を感じざるを得ない出来事や出会いが

 

定期的に起こっていました。その時も

 

こんなことってあるんだなーって思ってましたが

 

今考えても説明が付かないような不思議な体験をした

 

年だったと思います。

 

ですが、霊が見えるようにはなってません。

 

来年もこれらの繋がりや縁を大事に、古今らしく、地道に地道に

コツコツコツコツやっていく所存です。

 

 

 

さて、年末年始休暇のお知らせです。

 

今年に出会い、来年、頭から詳細打ち合わせ、工事着工の方

も多くいらっしゃいますので、しっかり充電しまたフル稼働できるよう

年末年始を休ませていただきたいと思います。

 

年末年始休暇のお知らせ

2015/12/29~2016/1/6まで

1/7より平常営業です。

宜しくお願い致します!

 

 

 

最後に古今で年末にお引き渡し、上棟、完了検査・建築をスタート

していく物件のご紹介。

 

 

 

 

青葉区:K邸   近所のショセット建築設計室さんとの共同作業物件

12390991_959559100803378_7536252141055653916_n

建築家 彦根明さん直伝?の技をいくつか体験できました!

いい経験をさせてもらいました!

年明け外構工事をして、お引き渡しです!

 

 

 

青葉区:Y邸  玄関ドア造作・門壁エイジング塗装・オリジナル鉄文字表札工事

 

既存の玄関と門壁

IMG_4169

 

 

 

造作米松玄関ドア・門壁エイジング塗装後

 

 

 

オリジナル鉄文字表札!エイジング塗装と合います!!

個人情報がわかっちゃうので 一文字隠してますが

田んぼの田が右文字です!

 

 

 

 

 

小田原:S邸

新築マンションのお化粧工事をさせて頂きました!

私の建築人生で新築マンションを改装したのは初めてでしたが

静岡からお問い合わせを下さり、ありがとうございました!

 

無垢床材貼り・造作リビング建具工事・吊戸工事・自然素材クロス貼り

でした。

 

キッチンオリジナル吊戸

シナ材・ウオールナット引手・アンティークガラスにて造作です!

吊戸はやっぱり引き戸が一番使いやすいと思っています。

 

 

 

シナ材・アンティークガラスによるリビングオリジナル建具

 

 

 

 

 

神奈川県内:S邸 新築工事

IMG_2830

 

 

いよいよ上棟です!THE 冬晴れ!

IMG_4608

 

 

 

 

緑区:W邸 新築工事

12/20に、わたしたちと一緒に進んでくれることになりました。

IMG_1231

住まい手さんのお人柄同様、シンプルで飾らない佇まい。

今後10年20年かけてゆっくりとその時の暮らしに合わせながら

変容していき、でも、一本しっかり芯が通っていることを忘れていない

住まいになりそうです。

考えるとウキウキ!

 

 

 

若葉台団地 リノベ 第二弾 M邸

今年に設計施工させて頂いた若葉台団地のOPEN HOUSE

で、私たちに興味を持ってくださいました。

 

IMG_1232

まずはスタディ模型でイメージを作ってもらいました。

 

コーナーサッシからの景観を第一に考えたダイニング。

窓に障子を付け、天井が障子に向かって下がっていきます。

自ずと視線が外へ抜け、お部屋の重心も座った時にしっくり来る

ような高さ設定と目論見で計画しています。

 

お子さんが独立され、日常から解放されて、やっとご夫婦の趣味嗜好

が反映された住まいが出来るとのこと。

 

全面改装計画なので、一新した姿になりそうです。

春に着工めざし、準備していきます!

 

 

ではでは、皆様。

少し早いですが、良いお年をお迎えくださいって

ブログを締めようと一息つきながら外を見ると

若者と若者の声。

 

今宵はクリスマスイブ。

町は賑やかでお祭り騒ぎですか。

 

やばい。寂しくなってきました。

 

がしかし、まだ到底、クリスマス・年末モードにはなれません。。

 

もう一息ガンバリマス。

 

 

ではあらためて。

皆様、メリークリスマス&良いお年を!!

 

古今 元井

 

 

 

 

 

 

pagetop

古今

Facebook

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-32-5

Copyright c 2015 KOKON CO., LTD.