自然素材を利用した新築注文住宅 リフォーム リノベーションを提案する神奈川 横浜の建築士事務所

home

お問い合せ

Facebook

神奈川・横浜を中心に自然素材での注文住宅
リノベーションの設計・施工会社

新しいのに、懐かしい。

古今について

住人問色の住まい私たちは目指していきます。

HOME > お知らせ・イベント情報 > 様々な伝統技法

様々な伝統技法

2018.09.06

 

今朝は起きたら、北海道での大地震の報道に

また胸が痛みました。

何とか知り合いの一人とは連絡が取れましたが、

もう一人はさずがにまだ不通なまま。

 

本当に数日前には関西地方では

今までに目にした事のない台風の被害。

そして、7月の西日本の豪雨もあり、

本当に自然災害の脅威を感じます。

 

まずは、今もかなり大変状況になっていると思われる北海道の被害が

少しでも少ない事を願っています。

 

 

 

さて、そんな思いではありますが、

ちょっと切り替えて、ブログモードに!

 

一時の暑さがいくらか和らいで、少し過ごし易くなりましたね。

それをまさに感じる事のできるのは

やはり、夏の帰省です。

 

去年もブログでネタにさせて頂きましたが、

長野県の宿場町に在る、亡き祖母の住まいに行ってきました。

 

 

祖母の家の目の前の景色。

基本、目に飛び込んでくるのは緑と空!!

この余計なモノの無さ。

これだけで癒されます。

 

 

そして、毎年恒例の楽しみになりつつある、「古民家カフェ」ごっこ。

 

 

敢えてそれっぽい器もセレクトして雰囲気を出して、

この空間と古いちゃぶ台にも相性良し!

今年もしっかりと堪能してきました!!

 

 

 

そして、祖母の家にずっと眠っていたという、

前からとっても気になっていた、こちらの器たち。

 

 

金継ぎされた器です。

「金継ぎ」とは、割れたり、かけてしまった陶磁器を

漆で接着して、金で装飾して仕上げる、

要は古くから伝わる伝統的な修復技術です。

漆で接着すると、継ぎ目に漆の跡が残ってしまうので、

それを隠すために金粉を使っているのだとか。

 

しかも右側の器は、どうやら中国での伝統技法らしいですが、

鎹(かすがい)継ぎという技法で施されたモノも出てきました。

 

「金継ぎ」は室町時代に、茶道の普及にしたがって盛んになったようで、

壊れたものを再び使うということよりも、

偶発的に生まれたヒビや欠けに新たな「美」を発見し、

また風情を感じられる、という魅力があるようです。

 

聞いた話では、あの魯山人の器は敢えて割って、

金継ぎとする事で価値を上げる、というモノもあるそうです。笑

それ程、貴重な「美」が伴った魅力のある技法なんでしょうね。

 

「金継ぎ」の魅力は、自分自身の手で直して、

気に入った器が再生される喜びを感じる事が

できるところにもありますね。

より一層、愛着が湧いてきそうです!

前々からこの技法を学んでみたいと思っていたので、

近々、是非チャレンジしたいと思います。

 

 

 

 

そして、この祖母の在る妻籠宿と言う、宿場町は

「重要伝統的建造物群保存地区」とされており、

伝統的な建築技法が僅かながらに残っています。

 

 

軒を並べる民家は、出梁造りと千本格子の家並みで、

現在では珍しい、板葺きの上に石を置いて板が

風で飛ばないようにした「石置き屋根」という伝統的な技法です。

 

 

 

上から見るとこんな感じです。

正直、この妻籠宿の街並みの中でも

僅かながらの貴重な建物です。

 

どうやら、こんなサイトもありましたので、ご参考に!

是非、機会がありましたら、昔の街並みを体験しにいらして下さい。

本当に日常を忘れられる、素敵な所です。

 

 

来年は、義理姉と密かに

「古民家カフェ」を一般開放してみようか~?!

なんて、こっそり話してます。笑

 

 

 

 

こちらにも、是非お立ち寄り下さい!笑

 

 

 

 

山森

 

「様々な伝統技法」への2件のフィードバック

  1. お祖母様の家が、今も。なんて味のある、心震わせるお家でしょうか。

    宝物が、守られ、ひょっとして、カフェになるかもしれないなんて!!
    お祖母様も、少しだけ喜んで下さるかも…!ですね。

    器、、いいですねぇ。金継は楽しいですよ。古き良き物が、生まれ代わり、一段と味わいを増します!

    是非お勧めの技法です。

    カフェを楽しみにしています。
    お祖母様がどんな風にして欲しいか、心の声も聞いて下さいね。
     
      渡邊 泰子

    1. 渡邊様

      心温まるコメント、ありがとうございます。
      本当にこれだけの住まいや調度品を残してくれた祖母の思い、その歴史を何かで表現し、恩返しをしたいですね!
      金継ぎへの挑戦、カフェの開催も前向きに、少しずつ、丁寧に味わいながら実践していけたらと思います。
      意欲が高まりました!ありがとうございます。

      山森

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop

古今

Facebook

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-32-5

Copyright c 2015 KOKON CO., LTD.