自然素材を利用した新築注文住宅 リフォーム リノベーションを提案する神奈川 横浜の建築士事務所

home

お問い合せ

Facebook

神奈川・横浜を中心に自然素材での注文住宅
リノベーションの設計・施工会社

新しいのに、懐かしい。

古今について

住人問色の住まい私たちは目指していきます。

HOME > お知らせ・イベント情報 > 醍醐味

醍醐味

2020.06.20




真夏日の暑さになったと思えば、
急に肌寒くなったり、
気候の変化に体がついて行きません。



現場でもマスクをしているせいなのか、
たいして動いてもいないのに、
熱中症っぽくなってしまい
日々頭痛に悩まされている鈴木です。



巷では、ユニクロのエアリズムマスクに
行列が出来ているみたいですが、
肌着・パンツと一年通して
エアリズムコアユーザーな私としては、
非常に興味をそそられる物であります。
(寒かろうがヒートテックに浮気しません)



コロナも怖いですが、熱中症も十分怖いので
体調には気を付けていきたいものです。







現場では気温の変化に追いつけない私に代わり
ピチピチの27歳 増島君に過酷な
作業を代わってもらいました。
(パワハラではありません)


当初、設計段階ではフラットな天井で計画して
いましたが、解体で天井を落としてみれば
綺麗な丸太梁。

住まい手さんと現場立ち合いの打ち合わせをし、
勾配天井に設計変更しました。


見えてくる梁を、サンダーで表面を削ります。


丸太は側面だけを綺麗に削って、
チョウナ掛けされた、丸みの部分は
そのまま残しました。




寄棟の勾配天井に交わる梁と束。

こんな丸太梁が出てきて見せられるのも
リノベーションの醍醐味。


仕上がりが非常に楽しみです。







一階では元々和室の床の間に立っていた床柱を
大工さんが自動カンナで
テカテカに塗られた塗装面事削っていました。


おそらく紫檀か鉄刀木(タガヤサン)と言われる
非常に重たい木で、二人がかりでも
持ち上げるのがやっとこさ。


一度他の柱で仮立てし外して、
表面削ってもう一度立て直し。


めちゃくちゃ手間ではありますが、
思い出の詰まった良い材料は
出来る限り再利用するのが、
新築では出来ないリノベーションの
醍醐味。



古今らしい新旧入り混じる
素敵な空間になりそうです。




古今 鈴木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop

古今

Facebook

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-32-5

Copyright c 2015 KOKON CO., LTD.