自然素材を利用した新築注文住宅 リフォーム リノベーションを提案する神奈川 横浜の建築士事務所

home

お問い合せ

Facebook

神奈川・横浜を中心に自然素材での注文住宅
リノベーションの設計・施工会社

新しいのに、懐かしい。

木々の日々

家づくりについて古今の想いを日々綴っております。

HOME > 木々の日々 > 多忙は怠惰の隠れ蓑

多忙は怠惰の隠れ蓑

2018.11.29

師走らしい日々になってきました。

毎年おんなじこと言ってる気がする。

ていうか夏ぐらいも師走みたいだったし。

 

師走は今年の事は今年で処理するという

制限のあるまた違ったチャンネルの

忙しさもあるからですかね。

 

 

 

数年前ぐらいから勝手に敬愛する

糸井重里さんの言葉に有りました。

 

「多忙は怠惰の隠れ蓑」

 

という言葉。

 

 

要は、忙しい、というのは良くも悪くも

目の前のことに集中している訳で、

ある種の満足感や達成感を味わうことが出来る。

 

しかし、本当に「大事なこと」や

さらに言うと「なぜ?」とか「未来のこと

が全く考えられなくなってる。

 

目の前の忙しさで一杯一杯になって

なぜ忙しいのかという根本的な課題の解決

をせず、忙しいを隠れ蓑にしてやり過ごしてる

誤魔化している状態ともいえる。

 

現場でわしゃわしゃしている時、

お金の計算とか事務作業で忙しい時、

忙しいって言っている人を見るとき、

忙しいって自分の顔に出ちゃってんな

って思う時、いつもこの言葉を思い出す。

 

でも思い出すけどあまりにも忙しさに

負けて、怠惰でもいい! 今は!

って思いながら、忙しい顔してるとき

もある。

 

自分で解かってやってるんだ!って

言い聞かす。

「無知の知」ということにして

自分を丸め込んでたりもする。

 

たぶん、こんな葛藤があるだけまし

って事ですよね。

 

ましなのか?

 

とりあえず、

「多忙は怠惰の隠れ蓑」

だなって思った時、これを思い出してる

間はまだドンマイ状態だと勝手に思う

ので、その時は深呼吸をして手と頭を

再起動できればと思っている。

 

 

綾瀬の家(KOKON HUT第二弾)

地盤改良を終えて、基礎工事真っ最中。

地鎮祭の時に、綾瀬の五社神社さんから頂いた

土地の神様を鎮める鎮物を基礎内にIN。

 

12/中旬の上棟に向けて、やることやっていきます。

 

 

港北:S邸 ワンルームリノベ

以前のブログで紹介した解体前の落書き壁の物件

先日、私は別件で立ち合えなかったのですが

無事にお引き渡しが完了。

 

色味は当初の住まい手さんの要望よりも

少し明るくなりましたが、最初から

色味を塗装で載せるよりも、木の焼け

を待ってじっくり色の変化を味わって

行きましょうと現地での色打合せにて

摺合せが出来たことで、素肌感のある

仕上がりとなった。

 

後ろに控えるサッシとの割り付けが合わず

障子に映るサッシの桟の影がどのように

出るかなと皆で懸念してましたが、

思ってたよりも気にならず。

 

まずは、喜んで頂けたようで本当に良かった。。。

 

ここに暮らしが入って、初めて僕らの仕事の

価値が見えると思っている。

 

使い勝手や素材感。

小物が入った時の雰囲気。

 

この時に初めて自分たちの結果が見える。

 

2割ビビり、8割楽しみでしょうがない。

 

Sさん、今度こそいらっしゃるときに

手土産もってお邪魔します。

 

 

さて施工事例。写真は撮った。

うちの鈴木君の施工事例UP待ちです。

しばしお待ちを。

 

元井

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop

古今

Facebook

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-32-5

Copyright c 2015 KOKON CO., LTD.