自然素材を利用した新築注文住宅 リフォーム リノベーションを提案する神奈川 横浜の建築士事務所

home

お問い合せ

Facebook

神奈川・横浜を中心に自然素材での注文住宅
リノベーションの設計・施工会社

新しいのに、懐かしい。

木々の日々

家づくりについて古今の想いを日々綴っております。

HOME > 木々の日々 > HONMONO

HONMONO

2015.12.11

 

これなんだと思います??

 

 

 

 

綺麗な年輪ですね。

杉の木なのですが、もともと1本の木だった事がよくわかります。

 

 

 

いまで言う一般的な木造の建物には、多くの合板(いわゆるベニヤ)が使われています。

 

ベニヤは薄く剥いだ木を接着剤で重ねて、大きな面の材料を作ることが出来ます。

 

ベニヤが無ければ、現在の木造建築は成り立たないといっても過言ではありません。

 

しかし、ベニヤは接着剤で膜を作ってしまうので、木本来の持ち味である、吸放出性を損ねてしまうというデメリットもあります。

 

 

 

湿気・結露・通気・吸放出性・調湿性・耐久性・コストetc……

 

 

 

 

難しい話になってしまいそうなのでここらで止めますが、

色々考えるとやはりHONMONOには適いません。というところに行き着きます。

 

 

 

 

決して、ベニヤが悪。という訳ではありません。

ベニヤが湿気無い環境で使用するのには、便利な材料ではあります。

 

 

要は適材適所で材料・工法を選定する。という事が大事だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭の材料は屋根の野地板という材料でした。

 

接着剤で固められている木材。

接着剤の寿命≒合板の寿命といっても過言ではないと思います。

 

長く住む住まいにはやはりHONMONOの木が似合います。

 

あなたはどう思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop

古今

Facebook

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-32-5

Copyright c 2015 KOKON CO., LTD.