自然素材を利用した新築注文住宅 リフォーム リノベーションを提案する神奈川 横浜の建築士事務所

home

お問い合せ

Facebook

神奈川・横浜を中心に自然素材での注文住宅
リノベーションの設計・施工会社

新しいのに、懐かしい。

古今について

住人問色の住まい私たちは目指していきます。

HOME > お知らせ・イベント情報 > 賃貸住宅リノベ

賃貸住宅リノベ

2017.10.06

 

 

この数日、急に季節の変化を感じる寒さになってきましたね。
古今の前の銀杏もかなり散り始め、
社屋隣の柿の実も、大分良い色付きになってきました。

 

一昨日は中秋の名月。
毎年、保育園での飾りに胸打たれながら、
今年も思わず、パシャリ!

 

 

毎年、お団子を園児全員で、コロコロ丸めて手作り。

年長さんや大きい子たちが近くの河原などで

ススキや木の実などを集めて来てくれて

飾ってくれます。

 

 

みんな、大興奮!!

これは確かに、季節を感じますね!

 

 

 

さて、そして先日は久々に展示会に行ってきました。

谷口吉郎氏の設計の東京近代美術館本館で開催されている

「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」。

 

 

 

戦後の日本の住宅の背景や移り変わりをなどを

模型や映像、図面などで展示されていました。

署名な建築家の作品も数多く、

懐かしくも、学生時代に良く見入っていた、

「箱の家」(難波和彦氏設計)の模型なども出展されていました。

 

こちらは、今やきっとご存知の方も多い、

無印良品の住宅商品シリーズのひとつ、

「木の家」の礎となった住宅です。

 

 

当時、20年以上前には、何とも惹かれる、心奪われる間取りでした。

南側に吹抜けと共に大きな窓。

バス、トイレ、洗面以外は、中央の大きな吹抜けにより、

ほぼワンルームという間取り。

2Fは、大きなスペースでファミリースペース的な

多目的に使える空間があり、

必要に応じてその一部を個別に間仕切る程度。

今や、良く目にする、なんて事ない間取りで、

一般的な間取りに近い形なのかもしれないですね。

 

 

 

日本の木造住宅は、日常の営みの目的毎に

細かく仕切られた間取りが一般的でしたから、

今の住まい手さんに合わせてリノベーションしていく、

という流れは、やはり今でも多い内容のひとつです。

 

 

まさにそんな事例が、現在工事が進行中です。

先日の鈴木のブログでもご紹介した物件です。

 

 

 

 

こちらの住まい手さんは、青葉区内の緑豊かな土地に建つ、

この築30年越えの木造住宅の賃貸に住み始めて約1年半。

この土地に惚れ込み、この土地の歴史などもとことん調べ上げ、

大家さんとの関係もゆっくりと築き上げてきました。

 

その間、この賃貸住宅に住みながら、

やはり年数ならではの住み憎さや様々な苦労を重ね、

時には別の賃貸を借りようか、彷徨いながらも

やはりココに住み続けたい、という気持ちに

夫婦の相違は全くなかったと言う。

 

確かに、予算の面を考慮しても

この辺りの家賃と、ココに住み続けるであろう年数を

計算すれば、今回のリノベーションに掛ける予算もおよそ見えてくる。

そう考えれば、他で好ましい空間では無い場所で、

今以上の家賃を払って住むよりは

自分達のライフスタイルに合った空間に

予算を掛ける方が良いとの結果に至った。

 

後は大家さんへの交渉が大きな壁となる。

しかし、大家さんにしてみたら、自らの費用を掛けずに

家の状況が良くなるなら、逆にありがたいであろう。

うん。確かに!今までには無い、新しい発想!

そういった意味も含め、現状の問題も解決しつつ、

下記のような改装内容を提案し、見事ご了承を頂いた。

 

1. 水廻りの設備交換(今回はWCのみ)

2. 古くなった畳を無垢フローリングに変更し、

その際に寒さ対策の断熱材も敷き込む。

(床を上げることで、写真の様に床下の状況も見れるので、

点検を含めて安心)

3. 1階の天井と2階の床の間などに現れる、

ねずみ対策の為に、思い切って天井を剥がす。

 

そして、この住まい手さんの素晴らしいところは、

決しても今風なリノベーションでは無く、

あくまで元のこの木造住宅の良き趣や

佇まいは残しつつ、自分達の要望を組み込みたい。

そういう思いをキチンとお持ちで、それが根本にあるからこそ、

この今回の工事に繋がった。

 

そういった温かな思いから、天井を剥がしたら、天井高も上がるし、

木の風合いを活かせるはず、という事で 3.のPLANに至った。

 

 

 

 

うん!!やはり、天井は思った以上の綺麗な状態で、

これなら照明計画も自由度が利きそうだ。

 

 

 

 

キッチン上は期待していた、見事な梁が登場!

これはかなり雰囲気も変わるし、アレンジし放題で

楽しい、機能性も持たせた使い方ができそう!

 

 

っと、そんな世間的には中々無い、

賃貸住宅リノベーションですが、

是非、そんな物件が増えてくる事を願いつつ、

また完成のご報告もさせて頂きますね!

 

 

 

 

最後にちょっと間が空きましたが、

『喫茶ココン』開催のお知らせです!

 

 

秋らしい、栗のキッシュやほっこりとしたスープも

ご用意しておりますので、まったりと寛ぎにいらして下さいね!

 

 

 

 

 

山森

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保存

保存

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop

古今

Facebook

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-32-5

Copyright c 2015 KOKON CO., LTD.