自然素材を利用した新築注文住宅 リフォーム リノベーションを提案する神奈川 横浜の建築士事務所

home

お問い合せ

Facebook

神奈川・横浜を中心に自然素材での注文住宅
リノベーションの設計・施工会社

新しいのに、懐かしい。

古今について

住人問色の住まい私たちは目指していきます。

HOME > お知らせ・イベント情報 > 緑山の現場

緑山の現場

2019.10.18

緑山の現場は大工さん工事進行中です。

先週のブログに続き今週も『窓』についてをすこし...。

 

写真は幅1間のサッシ(有効幅約1.6m)です。

 

1間のサッシというと引違いを

付ける事が多いと思いますが、

今回は隣地の緑を取込む事を意識したので、

写真のようなFIXと縦スベリ出しの

組み合わせ窓にしました。

 

引違いですと、真ん中にサッシの召し合せ部

が来て視線を邪魔してしまう。

 

本当はFIXで1枚にしたいけど...

風が抜けない...

そこで、採用したのがこの形。

 

スベリ出し窓の幅は控えめに。

風も通り、視線もGOODです。

 

縦のラインが真ん中か横にずれているかで

雰囲気が大きく変わります。

 

同じ1間幅の中でもやり方はひとつではなく、

暮らし方や外部環境など色々な事を考慮して

窓を決めていくのです。


こちらは既存窓を残し、板張りの勾配天井としています。

 

視線が外へ抜けるのを邪魔しないような...

 

また、部屋の長手方向なので、

部屋が広く感じ、いい感じの空間に

なりそうです。

 

窓だけでなく、こういった板の張り方向でも

雰囲気が全然違ってきます。

 

左側の三角の壁は・・・。

この部分はあえて天井を下げています。

 

下げずに同じ勾配天井にもできるのですが...。

 

袖壁があり、壁に凹凸ができて

ごちゃごちゃするな~と。

 

また、TVや家具を置くスペースなので

高さも必要ないですし。

 

くつろいでいる時などきっと

その方が落ち着くと。

 

 

こういった“あえて”天井を下げている

部分がいくつかあります。

 

冷蔵庫の上や収納スペースの上など...。

 

 

その部分はデッドスペースになるので

「もったいないじゃない!収納にできるじゃない!」

などと思われるかもしれませんが、

こちらのお施主様、こだわりの持ち込みの

家具や照明などが多いので

空間はできるだけスッキリとさせ、

家具などを引き立てるようにしています。

 

やることひとつひとつ、丁寧に、考えながら。

 

完成しましたら写真UPします。お楽しみに

 

代田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop

古今

Facebook

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-32-5

Copyright c 2015 KOKON CO., LTD.