着工前のワクワク

2018.11.09

 

なにを隠そうわたくし鈴木、若かれし学生時代の趣味は廃墟廻り。

北は岩手から南は長﨑まで、車で寝泊まりしながら炭坑や鉱山などの

廃墟を写真に納めながら廻った過去があります。

 

もう時効?なので綴りますが、今や世界遺産となった長崎の端島

通称:軍艦島 が世界遺産になるかなり前に、地元漁師に直接依頼し

瀬渡ししてもらい1日カメラ片手に島中を巡り、写真に納めました。

 

軍艦島には大正5年に建築された、日本最古のRC造の建物があり

建築の勉強をしていた学生にとっては、人で賑わい繁栄していた街・建物が

その輝きを無くし朽ちていく姿もまた印象深いものでした。

 

 

 

 

だからという訳でもないのですが・・・

 

リフォーム前解体完了時の建物の姿には、ワクワク・ドキドキしてしまいます。

 

先日開催した OPEN HOUSE のチラシでも使用した、解体後の写真。

 

 

究極の生活感の無さ。美しい・・・

また、ここからこの美しさに負けない様な設計を行わなければならない

プレッシャーも感じます。

 

 

先週末から着工した町田のマンションリノベーションの解体現場も

 

 

究極のワンルームw

 

住まい手さん以上にワクワク・ドキドキしている鈴木です。

 

 

 

 

話かわってこちらも先日初めてお伺いした、横浜市のとあるマンション。

玄関からリビングの扉を開けると真正面のこじんまりした部屋に

ぽつんと置かれたパキラ。

 

(写真は敷居の段差を計測したものですが・・・)

 

もうなんかビビーーンと来ましたw

 

なんとかご要望・ご予算が合うようにご提案出来るよう頑張りたいっ!!

 

 

古今 鈴木

 

新期一転

2018.11.02

10月は古今の通信簿の月。

 

夏が過ぎて動きやすくなった

この頃、来年に向けての案件が増え

現場では月内に完了予定の物件、

もちろんお金の計算など

いつも決算月末はてんてこ舞いになります。

 

 

今日は11/2。古今は第6期突入。

ようやく一息ついてと言いたいところですが

動きは何も変わらず、心のみ心機一転ならぬ

新期一転といった心持で動いています。

 

 

 

 

春から動いていたリノベーション物件

 

建物の方は暑いころにお引き渡しが済み

外構工事を続けて計画していたのですが

台風だけのせいではないけど

なかなか動きが取れず、ようやく外構と植栽を

植えて完了する事が出来ました。

 

 

お施主さんは

奥様は元インテリアのお仕事をされ

ご主人は美大出身のクリエイター。

 

さすがお二人とも独特のセンスをお持ちで

人間性に溢れた素敵な住まい手さん。

 

表札もなかなか見ないカタカナ&フォント。

広告やら紙媒体系の書類を作る目線で言うと

フォントや大きさなど、字だけで魅せるのは

ホントにセンスがいる。

おもしろい。(名前だしOK頂いています)

そして、この方々らしい表札。

 

 

内装も大枠は作り手側で箱を作らせて頂き

内装はほぼ住まい手のセンスで。

ようやく腰を落ち着かせて暮らせてもらえそうです。

これからまた少し暮らしの色付けができたら

施工写真撮らせてもらう予定です。

 

表札出しておきながらですが、Nさん。

長い時間お付き合い有難うございました。

今後とも宜しくお願い致します。

 

 

 

舞岡OPENHOUSE物件にて

あんまり撮ってなかった古今人の写真。

元井清潔感0。

確か作業していたか何かの後だったと思う。(言い訳)

だらしなくてすいません。

 

 

古今は今日も前へ進みます。

 

 

11/6は喫茶古今

 

 

 

元井