自然素材を利用した新築注文住宅 リフォーム リノベーションを提案する神奈川 横浜の建築士事務所

home

お問い合せ

Facebook

神奈川・横浜を中心に自然素材での注文住宅
リノベーションの設計・施工会社

新しいのに、懐かしい。

古今について

住人問色の住まい私たちは目指していきます。

HOME > お知らせ・イベント情報 > 和風+ヴィンテージ=和モダン?!

和風+ヴィンテージ=和モダン?!

2016.10.26

 

やっとこの辺りの木々も色付いて、少しずつ秋めいてきましたね。

でも、今日はちょっと暑い位?!

しかし、この気温差がちょっとツライ。。。

私の周りでも体調を崩している方が多いです。

 

こんな時は毎日の身体のメンテナンスが重要です(笑)

最近は、「家yoga」をやったり、

前々から効果を感じていた「ショウガ紅茶」を久々に飲んでます。

10年も使っていたガラスのポットが到頭、さよならの時期になり、

多々物色した後、KINTOのガラスポットに決めました。

キッチン用品はまずは使ってみないと分からないので、

日々飲み続けてます。

これも暫くサボると体調が悪くなるので、

やはり、継続は力なり!!

合間で大好きな珈琲もやはり欠かせないけど(笑)

 

 

っと、そんな、ふつ~の日々ですが、

久々に古今の現場のお話を!

 

現在、動いている現場は本格的な和風建築を得意とする

建設会社さんが建てた、中古戸建物件のリノベーション。

 

さすが、エントランスからこの純和風の雰囲気。

素敵だな。。。

 

img_6096

 

 

玄関ドアも今では余り採用しなくなった透明ガラス入り。

 

img_6186

 

でもひと昔前は、お婆ちゃんの家とかも

引き違いの玄関にやっぱりガラス仕様だったな。

防犯面やメンテナンスなどが重視される現代は、

玄関ドアもこれだけ大胆なデザインは中々目にしなくなったが、

外部との繋がりを重視する日本家屋の造りとしては、

採光を取り込む意味でも、目線が抜ける意味でも、

やはり惹きつけられるモノがある。

これをどう活かすか。。。

 

そして、その他の階段や廊下も檜材などを使って、

しっかりとした造りです。

 

img_6134

 

img_6149

 

 

そして、内部は構造材である柱が見える、真壁仕様。

 

img_6107

 

これも工期短縮やコスト面などの理由から、

最近は柱が見えない大壁仕様にする事がほとんど。

壁面の仕上げは漆喰で、手の込んだ仕事をされていました。

天井も折上天井に井桁梁で、立派な存在感を醸し出します。

 

こちらはダイニングになる空間の腰窓。

実はこの窓の奥は洗濯干し場になっており、

今回はここに造作ベンチを設置して、階段仕様にするPLAN。

 

img_6184

 

しかも、この障子も下半分が上にスライドする雪見障子。

細い横のラインがこの空間のポイントになっています。

これを敢えて残しての空間を提案しました。

 

っと、言うのもお施主様のご希望は、この空間を活かしながらも

ヴィンテージ風な家具や照明を入れたいとの事で、

古き中に新しいモノを存在させるPLAN。

これを今良く言われる「和モダン」?!なんでしょうか・・・。

どう融合されてくるのか、とっても完成が楽しみです!!

 

 

 

そして、現在の現場状況。

 

今回のPLANでは、井桁だと存在感が出すぎてしまうので、

敢えて、井桁を無くしてすっきりとさせ、天井高を感じさせています。

また、天井素材をシナ材にする事で、程良い柔らかな雰囲気を

演出しました。それも良くある市松貼りではなく、

敢えて、およそ畳1帖分の大きさの3×6(サブロクと読みます)板を

貼っています。

こうすることで、しつこくなり過ぎずに、木の素材感も感じられます。

(っと、勝手に思っていますが・・・)

 

しかし、大工さんは大変ですよね。。。

 

 

二人掛りでしっかりと押さえながら、貼っていきます。

 

そして、写真では分かりづらいかもしれませんが、

シナベニヤの継ぎ目は、ほんの少し隙間があります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これを「目透かし貼り」と言いいますが、

貼り方もどこを継ぎ目にするのか、しっかりと考慮しないといけません。

その為の図面も起こして、しっかりと大工さんに伝えます。

 

更に、今回は階段は既存のままなので、

床材を貼っていくのも、大工さんの腕の見せ所!

 

 

 

写真のように、柱の回りはその形に合わせて加工して

一枚ずつ貼っていく、技も必要になる作業です。

 

 

リフォーム工事では新築とは違って、こういった細かな作業が

かなり必要になります。

既存が残る施工の方がよっぽど難しい。

こういった施工に慣れている職人さんでないとできない仕事です。

 

古今では、そういった仕事を得意としている、

技を持った多くの職人さんに支えられています。

本当に日々感謝です!ありがとうございます!!

 

では、こちらの完成後のご報告もお楽しみ!!

 

 

っと、完成がとっても待ち遠しい、山森でした。

 

 

 

「和風+ヴィンテージ=和モダン?!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop

古今

Facebook

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-32-5

Copyright c 2015 KOKON CO., LTD.